販売中 vol.13 UPDATE→1/21
<<vol.12 vol.14>> <<home



 no.3354 ¥1,200  風流奇 談


渡辺紳一郎(カバー /佐野繁次郎)
河出書房/55年1刷/新書判/187p/定価100
カバー痛み少々汚れ折れ跡微破れ、天部分汚れ、本文焼け

ビールと虫/寒中 の扇風機/タンテイ小説/エビスビール/トランプと捕虜/ガス稲荷明神/コタツの効用/食卓のスマアトネス/アイスクリイムの誕生日/令嬢と娼婦の一線/ 新憲法と恋愛/モオドと個性/ホオデン放談/ホビイ/etc。再入荷。




 no.3584 ¥1,200  草野心 平随想集 わが生活のうた


草野心平(カバー/ 土方弘克)
社会思想社/66年初版/文庫/270p/定価240
カバー一部焼け少々痛み汚れ、本文扉&奥付蔵書印有

何でも食べてみる /自己流の料理/味覚巡礼/中国の味/名酒・銘酒・迷酒/酔郷さまざま/「火の車」盛衰記/火の車談義/花づくり野菜づくり/石ころなどなど/ペットたち /蛙の憲法。




 no.3603 ¥1,200  雑雑雑 雑 ユーモアエッセイ集


草野心平(装幀/山 藤章二)
番町書房/76年初版/B6/226p/定価680
カバー&帯少々痛み汚れ焼け

茄子の二毛作/結 婚と煙突掃除屋/やきとりや時代/五日酔関西記/「火の車」酔眼録/「火の車」閉店記/私の酒の肴/解放後の中国料理/羊料理いろいろ/山菜連想/私の空 想料理/市場通いの楽しさ/etc。




 no.3433 ¥1,500  ハチ ロー当世置きぜりふ


サトウハチロー(表 紙カバー ・表紙・扉絵/著者)
文化出版局/78年1刷/B6/236p/定価780
カバー微痛み汚れ

室内にかざる植物 についての閑談/おやつの談義/パン食の話し/ボクが見るテレビ番組/お菓子を買う病/おべんとうとおにぎりの話/西條八十先生とボク/尻取歌をおつくり なさい/卵が好き、ものすごく好きな話/珍料理人形煮込汁/菊田一夫を語る/徳川夢声先生とボク/台所の歌をおつくりなさい/おやぢからうけついだもの/ 時計・万年筆・ガマ口の話/夜食をつくる/十二月は詩が出来る月なのだ/etc。




 no.3644 ¥1,500  猫との 対話


渡部義通(装幀/佐 藤忠良・朝倉摂 本文カット/大木ふみえ)
文藝春秋/68年1刷/函入/四六判/291p/定価720
函少々痛み汚れ傷微破れ

「わが猫どもの日常生活や"歴史的な"出来事、それが周囲 に巻き起した大小の波紋などが走馬灯のように頭と筆端を回流して、しばしば夜の明けるのを忘れたていた。その記述にあたってはなるべく、昔の風流な物知り 達が幾世紀に亘り観察し、詮索した成果に、うちの猫どもの実態を参照することにしたが、そこにわ謂われてきた猫の生態や性質や習性とはいくぶん異る面と要 素が、またその"習性"や個々の性質が或る程度まで諸環境と飼い主に左右されるものであること等が、見出せれるかも知れない。(あとがきより)。再入荷。




 no.3754 ¥1,500  飲み食 ひの話


獅子文六(装幀/芹 澤_介)
河出書房/56年3版/B6/213p/定価180
カバー少々痛み汚れ焼け、本文少々焼けシミ

わが食ひしん坊/ 昨日の美味は今日の美味にあらず/細君料理/煮ざかな/東京のフグ/一番食べたいもの/総菜洋食瑣談/河豚の腸/蟹/麩/汽車辨富/鉢盛料理/冷さつま/ 西南食物誌/早春味談/水飯/雑煮/国産洋酒/アルコール無き酒/酒と餅/サケ/キルシュ/カストリ学/シャンパン談義/泥酔懺悔/ビールと女/トンカツ 談義/パリの喫茶店/魚喰ひ/パリを喰ふ/パリ料亭案内/野菜洋食/パリの日本料理/ポール軒/タマール/MARTY/故郷横浜/南京料理事始/どろつぷ す/洋食と母/私の食べ歩き/他。再入荷。




 no.3678 ¥2,000  東京の 悪口


獅子文六(装幀/谷 内六郎)
新潮社/69年初版/B6/函入/155p/定価190
函少々痛み汚れ焼け

東京の悪口/粗妻 のすすめ/新劇忘じ難し/パリの演能の意義/流浪の夢/商館番頭/フランス女/西洋亭/タダ飲み正月/安兵衛/きのこ料理/ナマコとタワラゴ/貝鍋/熱い タオル/お坊ばあさん/加賀獅子/アジア大会開会式/お祝い加減/秋祭新話/桜井大選手を悼む/許せ、忘れた/ロジェストウェンスキー/右往左往/最初の 注文/鍛え/モデルと小説/相場と私/『大番』余録。再入荷。




 no.1533 ¥1,300  百鬼園 先生言行録

内田百けん
六興出版/82年3刷/帯付/B6/252p/定価1,000
カバー微汚れ

或る私立大学でドイツ語を教え、一度結婚したことがあるが 間もなく別れ、40に手の届く今日まで家を持たずに方々の宿屋や下宿を転々としていて、毎日何でもない事に腹を立てながら日々暮している、百鬼園先生の徒 然なる生活と意見。その他「贋作吾輩は猫である・続編」も収録。



 no.1183 ¥800  第三阿 房列車

内田百けん
福武文庫/92年1刷/文庫/261p/定価600
カバー微痛み汚れ、中微焼け。


「長崎へ行こうと思う。行っても長崎に用事はないが、用事の有る無しに拘らず、どこかへ行くと云う事は、用事に似ている。だから気ぜわしない」という感じ のとりとめのないトラベローグ・Part-3。長崎/房総/四国/松江/興津/不知火と廻る完結編。




 no.1896 ¥800  現代不 作法読本

高橋義孝(カバー/ 和田誠)
角川文庫/73年5版/文庫/214p/定価160
中2p程折れ有

普通に不作法だといわれているようなことを書き並べた。い ろいろな事柄を不作法な態度で筆に上せた。こういうことは不作法だからおよしなさいといおうとした。私はこんな不作法なことを考えているということを書い てみた。のではもちろんない、内田百けんと山口瞳をつなぐ著者の「ありのまま」の教え。



 no.3423 ¥1,200  旦那の 意見


山口瞳(装幀/山藤 章二)
中央公論社/77年再版/ビニカバ帯付/四六版/254p/定価850
カバー微痛み傷汚れ、奥付書込み&押印有

「いま、私は、十五年ぶりに大掃除をしたら、物置からこん なものが出てきたというのと似たような気持ちになっている。たいしたものではないが、さりとて捨てるわけにもいかない、といったところだろうか。いま、そ いつを目の前にして、サッパリしたような、いくぶんかは気持ちのするようなあんばいで眺めているところである」(あとがきより)。雑文&随筆集。再入荷。




 no.2425 ¥1,300  男性自 身

山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/77年15刷/四六版/255p/定価750
カバー微痛み傷汚れ、中少々焼け

「もしそれ、非常に注意ぶかい読者であるならば、私が、こ の随筆ともオトシバナシとも精神訓話ともつかぬもので何を目論んでいるかをすでに察知せられたことであろう。私自身の心構えとしては長篇小説を書いている つもりなのである。もし私に幸運にもかの白樺派の如き長寿がゆるされるとするならば、実は大河小説となるはずのものである」(本文より)。


SOLD!
 no.2685 ¥1,300  ポケッ トの穴


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/76年12刷/四六版/258p/定価750
カバー微痛み汚れ焼け、見返し印、本文焼け有

「私が女房を叱ったことは、いままでに一度しかない。それ はウィスキーの水割りを私の象牙の箸でステアーしたからだ。会社から帰ってきて飲む最初の一杯は、私にとっては苦いものであり、かつ神聖なものであったか らだ。マドラーを買ってこない私がわるいのだが」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその2。




 no.3309 ¥1,300  父のス テッキ


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/77年7刷/帯付/四六版/268p/定価750
カバー微痛み汚れ、帯シミ汚れ、本文焼け

「私は遺品のなかからステッキだけを貰うことにした。それ は私には不必要なものであるけれども、父の縋りついていたものに、時に手を触れてみたいと思ったからである」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自 身」シリーズその4。再入荷。




 no.2686 ¥1,300  少年達 よ、未来は


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/74年5刷/四六版/270p/定価680
カバー微痛み汚れ焼け、見返し印、本文焼け有

「人生は短い。あっというまに過ぎてゆく。しかし、いま目 の前にいる電車にどうしても乗らなければならないというほどには短くない」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその 6。再入荷。




 no.2678 ¥1,500  変奇館 日常


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/72年初版/帯付/四六版/268p/定価480
カバー&帯微痛み

「もし私が庭の美観を保とうとするならば、私がいないほう がいい。出来れば夫婦で一年間ぐらい外国へでも行っていれば、さぞや素敵な庭になるだろうと思う。私は自分の庭を愛するがために離れなければならないので ある.。そういうことも出来ないから、私は、日夜、悶々として悩んでいるのである」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその8。




 no.2813 ¥1,500  変奇館 の春


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/73年初版/帯付/四六版/268p/定価520
カバー少々痛み微破れ

「私の家を訪れた人のうちの半分ぐらいの人が、とてもこん な家には住めやしない、あんな家に住む人の気が知れないと思うだろう。私は、それが当然だと思う。私だって、彼等の立場になれば、そう思い、そう言うだろ うと思う。すくなくとも、ヘンテコリンな家だぐらいは言うに違いない」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその9。再入荷。




 no.2687 ¥1,300  隠居志 願


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/74年初版/四六版/268p/定価680
カバー微痛み汚れ焼け、見返し印、本文焼け有

「隠居は結構いそがしいのだ。町内の世話をやく。祭りがあ れば出ていって余計なことを言う。若い者に意見をする。時には俳句をつくったりする。小鳥を飼う。盆栽の手入れをする。〜テレビなんかは見ない。服装は粗 末なものでいい。夜は早く寝る。医者に言われた薬はキチンと服用する。晩酌は二合まで。会合には出席しない」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自 身」シリーズその10再入荷。




 no.2044 ¥1,300  銀婚式 決算報告

山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/75年2刷/四六版/276p/定価680
中微焼け

「当日のハイライトは、私と女房とのデユエットによる『す みれの花咲く頃』であった。私は、自分が歌うこと、まして、女房と組んで歌うことなど、思ってみたこともなかったが、村島健一さんに、大声で、ヤレヤレと 勧められているうちに、急に酔いが発したようで、遂にやってしまった」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその11。



 no.2688 ¥1,300  人生仮 免許


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/78年初版/四六版/276p/定価750
カバー微痛み汚れ焼け、見返し印、本文焼け微破れ有

「女あしらいに長ずることが、紳士の条件のひとつだと言わ れている。私は、つい、二、三年前までは、女子高校生というような非常に若い女性はもとより、二十代の女性、若妻、子供が大学生であるような女性とはまと もな口がきけなかった。私の得手とするところは、せいぜいが、お婆さんであった。女と話をすると、何か、すぐに失敗するような気がして仕方がなかった」。 男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその14。再入 荷。




 no.2689 ¥1,300  卑怯者 の弁


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/81年2刷/四六版/280p/定価880
カバー微痛み汚れ焼け、本文焼け有

「私は小心者であり憶病者であり卑怯者である。戦場で、何 の関係もない何の恨みもない一人の男と対峙したとき、いきなりこれを鉄砲で撃ち殺すというようなことは、とうてい出来ない。『それによって深い満足を得 る』ことは出来ない。卑怯者としては、むしろ、撃たれる側に命をかけたいと念じているのである」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズそ の16。再入荷。




 no.2690 ¥1,300  木槿の 花


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/82年初版/四六版/283p/定価880
カバー微痛み汚れ焼け、見返し印、本文焼け有

「向田邦子のように、会うたびにどんどん綺麗になる女性と いうのも、めったにいるものではない。多くの人から同様の感想を聞いた。その意味でも、彼女は"奇跡"の人である」。男の 意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその17。




 no.2049 ¥1,300  禁酒時 代

山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/83年初版/帯付/四六版/284p/定価880
カバー縁部分微破れ(5mm程)、中微焼け、帯破れ有

「酒を飲まないでいるのが辛いことはない。むしろ、なにか ストイックな喜びを感ずることがある。また、銀座の酒場なんかで、多数の文壇の人に会ってしまうとき、ああ、こいつら、明日はみんな宿酔の下痢便だな、 と、なんだか得をしたような気分になる。そのへんが子供っぽい」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその18。



 no.2061 ¥1,500  余計な お世話

山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/84年初版/帯付/四六版/226p/定価880

「鉄道というものは、ある地点からある地点まで正確に人を 運ぶことに専念してくれればいいのであって、その他のことは、すべて余計なことだ」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその19。



 no.3204 ¥1,500  私本歳 時記


山口瞳(装幀・画/ 柳 原良平)
新潮社/85年初版/帯付/四六判/294p/定価1,200
カバー痛み傷汚れ、帯少々痛み汚れ擦れ、本文少々焼け

「この短篇集の綜合タイトルが"私本歳時記"となっている のは、四十七篇それぞれの題が、俳句の季語によっているからだ。そして、その季語がまことにうまく作中の小道具として使われている。あくまでも小道具とし ての矩をこえずにつつましく位置しているかと思うと、しっかりと主題としての役割を果たしていたりで、このあたりの緩急自在の呼吸は、まさに俳句そのもの である」(文庫版の矢野誠一の解説より)。男の意気地、週刊新潮の茶の 間、「男性自身」シリーズその20。




 no.2691 ¥1,300  還暦老 人 極楽蜻蛉


山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/91年初版/四六版/262p/定価1,100
カバー微痛み汚れ焼け、見返し印、本文焼け微破れ有

「目下の大仕事は減量だ。これが、なかなかうまくいかない で、毎日一喜一憂している。たとえば夏の日の午後、冷い缶ビイルの誘惑に勝てない。テレビの深夜映画を見ているとき、自然に手が動いてウイスキイのオンザ ロックスを作ってしまったりする」。男の 意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその25。




 no.2112 ¥1,300  江分利 満氏の優雅なサヨナラ

山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/95年5刷/四六版/397p/定価1,500
カバー微折れ跡シミ有

連載回数1614回。昭和38年12月2日に初めて週刊新 潮誌上を飾ってから一度も休載なしの31年9ヶ月。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその最終巻。



 no.2584 ¥800  男性自身 冬の公園


山口瞳(カバー/柳 原良平)
新潮文庫/82年初版/文庫/316p/定価360
カバー少々痛み汚れ傷擦れ,所有者印有

「暖かい日の冬の公園はいい。すこしぐらい寒い日でもい い。木の葉がすくないから、すきとおって見える。遠くまで見渡せる。乾燥しているから、音がひびく。静かだ。落ち葉がないから径も固くかわいている。陽射 しが薄いから森が美しく見える」。男の 意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」「男性自身シリ-ズポケットの穴-」からセレクトされた濃縮文庫版。




 no.2281 ¥800  男性自身 困った人たち

山口瞳(カバー/柳 原良平)
新潮文庫/83年初版/文庫/290p/定価320
カバー少々痛み汚れ傷有

「私は、三十歳から五十五歳ぐらいまでのある種の女性が怖 ろしくてたまらない。実にどうも訳わからぬところがある。同時に、私はそれらの女性を愛しているムキもある。なんだか人間の原型を見るような気もするので ある」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその5・壁に耳あり、その6・少年達よ、未来はからセレクトされた濃縮文庫版。




 no.2274 ¥800  男性自身 おかしな話

山口瞳(カバー/柳 原良平)
新潮文庫/85年初版/文庫/290p/定価360
カバー少々痛み

「私は猥談では笑えないけれど、おかしな話を聞くと我慢が 出来ない。電車に乗っていて、おかしな話を思いだしたりすると辛い思いをする。舌を噛んだりして堪えることになる。苦虫を潰したような顔というのがある が、あれは案外、笑いをこらえている顔ではないかと思ったりする」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその7・天下の美女、その8・変 奇館日常からセレクトされた濃縮文庫版。




 no.3074 ¥800  男性自身 素朴な画家の一日


山口瞳(カバー/柳 原良平)
新潮文庫/88年初版/文庫/305p/定価360
カバー少々痛み

「子供のとき、色数の多い王様クレヨン(三十六色だったと 思う)を見ると、それだけで胸が騒いだものである。私は、そのときのクレヨンの匂いを思いだすことができる。パステルを買うことにして、私は上気してい た」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその14・人生仮免許、その15・展覧会の絵からセレクトされた濃縮文庫版。




 no.2692 ¥1,000  草野球 必勝法


山口瞳(カバー・本 文カッ ト/柳原良平)
文春文庫/83年1刷/帯付/文庫/266p/定価300
カバー少々痛み汚れ、見返し印、本文焼け

草野球必勝法/プロ野球の明日/私の愛する野球人間/熱涙 観戦記/わが町、わが野球。山口瞳の野球エッセイ大全。文庫版。




 no.2190 ¥1,800  草野球 必勝法

山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
実業之日本社/77年初版/四六版/257p/定価850
カバー少々折れ焼け痛み

草野球必勝法/プロ野球の明日/私の愛する野球人間/熱涙 観戦記/わが町、わが野球。山口瞳の野球エッセイ大全。



 no.2046 ¥1,300  巨人 ファン善人説

山口瞳(装幀・カッ ト/柳原良平)
新潮社/77年初版/四六版/278p/定価750
カバー微傷、中少々焼け有

「後楽園球場での三連戦の全イニングを観戦したが、つくづ くと、巨人軍のファンは善人ばかりだと思った。観衆がグランドに流れこむという場面もなかったし、その心配もなかった。甲子園や広島ではこうはいかな い」。男の意気地、週刊新潮の茶の間、「男性自身」シリーズその13。


SOLD!
 no.2264 ¥800  江分利 満氏の華麗な生活

山口瞳(カバー/柳 原良平)
新潮文庫/79年20刷/文庫/191p/定価220
カバー少々汚れ縁部分少々痛み、中焼け

「江分利氏は美人と話をしていると索漠感に襲われる。36 歳になったいまでもそうだ。美人と話をすると5分で退屈する。目をそらしてしまう。こちらの退屈がむこうに伝わるからシラジラしくなる。30歳を越えた美 人なら、やや安心である。35歳以上なら非常に安心である。話題があるせいなのか。若い美人を遊ばせ笑わせるなんて面倒で仕方がない。そんな義務的なこと はやりたくない」(本文より)。




 no.2312 ¥1,300  結婚し ます

山口瞳(装幀・挿絵 /柳原良平)
新潮社/65年5刷/四六版/258p/定価350
カバー縁部分少々痛み傷焼け微汚れ破れ有

著者の分身と思われる雑誌編集者の10回にわたる見合い の、往年の東芝日曜劇場的エピソードを通して語られる結婚観とは?



 no.2269 ¥800  結婚し ます

山口瞳(カバー/柳 原良平)
新潮文庫/84年26刷/文庫/260p/定価280
カバー少々痛み汚れ傷擦れ有

著者の分身と思われる雑誌編集者の10回にわたる見合い の、往年の東芝日曜劇場的エピソードを通して語られる結婚観とは?




 no.2629 ¥1,500  結婚し ません


山口瞳(装幀・カッ ト/柳 原良平)
新潮社/73年10刷/四六版/241p/定価500
カバー縁部分少々痛み

「婦人画報」に連載された、結婚しない12人の女性を描い た短編集。その中の一編で作者も酒場の客として出演しているという「黄色い傘」の映画版が観てみたい。




 no.2215 ¥800  結婚し ません

山口瞳(カバー/柳 原良平)
新潮文庫/80年17刷/文庫/260p/定価280
カバー縁部分少々痛み

「婦人画報」に連載された、結婚しない12人の女性を描い た短編集。その中の一編で作者も酒場の客として出演しているという「黄色い傘」の映画版が観てみたい。




 no.3518 ¥800  愛って なに?


山口瞳(カバー/柳 原良平)
新潮文庫/80年8刷/文庫/355p/定価320
カバー少々痛み傷汚れ

「この短編集のどの作品をとってみても、読みやすく、わか りやすい文章である。一行一行の意味内容が、読者にまっすぐとどいてくる。描かれている人物や情景が、よくのみこめる。そのうえ、書かれていないことま で、例えば『罐蹴り』で妻と別れて十年になる主人公が女中の政子と喋っている冒頭の朝食場面の、コーヒーの香りや二人の声の調子、それから二年後に思わぬ ことで二人が再会しホテルで一夜をすごして別れていくときの、政子の表情といったものまでが、読者に伝わってくる」(矢野誠一の解説より)。



SOLD!
 no.3663 ¥800  マジメ 人間


山口瞳(カバー/柳 原良平)
角川文庫/74年10版/文庫/300p/定価260
カバー少々痛み汚れ焼け、天地小口&本文焼け

「恥知らずに対する『マジメ人間』の著者の嘆きや憤りは、 自他の区別なく根が深く、残酷なまでに執拗である。著者の神経は、恥に対する鋭敏さで震えている。その震えを感じさせるのが著者の文章のひびきである。リ ズムである。」(竹西寛子の解説より)。




 no.2787 ¥800  むにゃ むにゃ童子


山口瞳(カバー/柳 原良平)
角川文庫/79年初版/文庫/258p/定価300
カバー裏痛み剥がれ有

「『むにゃむにゃ童子』も『私小説』である。ただ日本文学 でいう『私小説』とはまったくちがう。我と我が身を斬りきざむような深刻な作品ではない。だが、『むにゃむにゃ童子』の世界はまさしく奈落なのである」(宮野澄の解説より)。表題作を含む9編収録。




 no.3279 ¥2,000  新入社 員諸君(ポケット文春559)


山口瞳(装幀・カッ ト/柳 原良平)
文藝春秋新社/66年4刷/新書判/183p/定価220
カバー少々痛み微汚れ

タダ酒を飲むな/社内で麻雀をするな/貧乏をおそれるな/ 借金もまた財産なり/会社は潰れぬと考えるな/社内結婚はするな/紳士とは何か/大衆をバカにするな/etc。再入荷。




 no.2259 ¥1,200  新入社 員諸君

山口瞳(カバー/柳 原良平)
角川文庫/81年14版/文庫/186p/定価220
カバー微痛み

タダ酒を飲むな/社内で麻雀をするな/貧乏をおそれるな/ 借金もまた財産なり/会社は潰れぬと考えるな/社内結婚はするな/紳士とは何か/大衆をバカにするな/etc。




 no.2370 ¥800  青雲の 志についてー鳥井信治郎伝ー

山口瞳(カバー/柳 原良平)
集英社文庫/81年1刷/文庫/171p/定価200

赤玉ポートワインの大成功から日本発の国産ウィスキーへの 挑戦。現サントリーの「洋酒の寿屋」の創始者、鳥井信治郎の物語。矢口純×山口瞳×柳原良平の解説対談付。




 no.3339 ¥3,500  ぽんこ つ・ぱとろうる


阿川弘之 (装幀/臼田輝四郎)
雪華社/61年1刷/四六判/223p/定価280
カバー少々痛み汚れ傷、天地小口少々汚れシミ 本文一部シミ

二十五円切手の権利/"ポリ公"の朝めし/エスカレータ雑 話/東海道中ゴム栗毛/国鉄のクリーンヒット/終電車の客/路面電車を廃止せよ/豪華客船で新婚旅行/ラッシュの国電試乗記/外国語を知らない者の外国旅 行/電話飢餓/人工衛星第一号/etc。



★NEW
 no.3784 ¥1,500  ヨー ロッパ特急


阿川弘之 (装幀/柳 原良平)
中央公論社/63年初 版/ビニカバ/新書判/313p/定価350
カバー微痛み汚れ少々縮み

「いい齢をして乗り物が好きだなどと、ひとは笑うけれど、 ジェット機や高速道路を抜きにして現代史は語れないではないかと、外国のあらゆる乗り物に乗ることだけを目的に20ヵ国60日間、陸海空を駆けめぐった特 急旅行記(帯文より)。




 no.2923 ¥1,000  乗物万 歳


阿川弘之*北杜夫 (装幀・カット/柳 原良平)
中央公論社/77年初 版/四六判/182p/定価650
カバー微痛み汚れ、薄く値段消し跡有

作家二人による乗物マンザイ対談。汽車の話、車の話、飛行 機の話、船の話。




 no.3719 ¥1,000  南太平 洋ひるね旅


北杜夫 (装幀/柳 原良平)
新潮社/71年14刷/新書判/259p/定価300

ごくざっと初めに/日本国ハワイ州/ハワイの自然など/タ ヒチの幻滅/タヒチの復活/モーレア島の踊りなど/英国植民地フィジー/人喰いの本場/ニューカレドニアの初日/閑人の玉遊び/古い移民の日本人/カヴァ の儀式/雨を降らす山/西サモアの幽霊など/旅の終り。




 no.3539 ¥1,200  人事異 動(ポケット文春)


源氏鶏太 (装幀/柳 原良平)
文藝春秋新社/64年3版/新書判/311p/定価280
カバー少々痛み傷汚れ、天地小口少々シミ汚れ、本体少々歪み

「派閥にも屈せず失恋にもめげず痛快な青春を生きるあばれ ん坊社員物語」(カバーの言葉より)。




 no.3084 ¥1,500  共産主 義のすすめ


大宅壮一 (装幀/柳 原良平)
文藝春秋新社/61年初 版/四六判/214p/定価230
カバー少々痛み汚れ焼け、天地小口焼け汚れシミ

共産主義のすすめ/血槍を下げた民主主義/民主主義を無免 許運転する国/未開国家の帝王/人口受精の国を行く/大学のニュー・コロニアリズム/あゝ浅沼委員長/ぬりかえられるオリンピック地図/ずばり一筆。




 no.2893 ¥1,500  ハバカ リ先生


ルイス・ブッシュ (装幀/柳 原良平)
文藝春秋/61年初 版/四六判/214p/定価260
カバー汚れ少々痛み焼け微破れ、本体一部角折れ

「この本ではブッシュさんは、日本人でなく英国人で日本に 来ている人たちに、くもりない観察の目を向けた。(中略)この本に出て来る紳士たちは、悉く、けたはづれで、とんでもない奇行家たちなのは意外でもあり、 我々が観察を怠って、上つ皮だけで英国人に向けて抱いている定義を大きく訂正する必要があるようである」(大佛次郎の序文より)。




 no.3409 ¥1,200  生活の 随筆3 色


(装画・カット/柳 原良平)
筑摩書房/62年初版/函入/四六判/398p/定価390
箱少々痛み汚れ傷焼け、表紙少々汚れ

女経(村松梢風)/女妖記抄(西條八十)/三人のおんな (北原武夫)/エロスの招宴(高見順)。再入荷。




 no.3443 ¥1,200  生活の 随筆5 処世


(装画・カット/柳 原良平)
筑摩書房/62年初版/函入/四六判/397p/定価390
箱痛み汚れ傷焼け、表紙少々汚れ

新サラリーマン読本(源氏鶏太)/生活戦術(大宅壮一)/ 生活の智慧(戸川行男)/作法無作法(吉田健一)/もうかりまっか(邱永漢)/あいさつ(渋沢秀雄)/会議(大久保忠利)/洋服のおしゃれ(大田黒元雄) /仕事と健康(杉靖三郎)。再入荷。




 no.3469 ¥2,000  銀座ば やし


永井保(装幀・さし 絵/著者)
オリオン出版/69年初版/A5/243p/定価650
カバー微痛み

「この本は、昭和四十二年一月から二年間「銀座百点」に連 載したものを主にしてまとめました。あとの八丁咄は、銀座百年の歳末にあたる、四十三年十二月二十五日から三十日までの、銀座大通りのスケッチをもとにし た書きたしたものです」(あとがきより)。著者は漫画家。




 no.3768 ¥1,200  浅草  その黄金時代のはなし


編/高見順(カバー デザイン/スタジオ9)
新評社/78年1刷/新書判/238p/定価680
カバー微痛み汚れ傷擦れ

オペラ時代(浜本浩)/レヴューからバーレスクへ(水守三 郎)/浅草の風物(桶谷繁雄)/浅草の思い出(芝木好子)/浅草の子供(長谷健)/"浅草広小路付近"(久保田万太郎)/下町情緒を訪ねて(野田宇太郎) /浅草の小説(高見順)/私の見た「浅草」(E・G・サイデンステッカー)/郷里「浅草」を語る(秋山安三郎)/浅草の映画館(筈見恒夫)/浅草の見世物 (野一色幹夫)/紅団のあのころ(望月優子)/"浅草"と僕(榎本健一)/浅草の歴史(松島栄一)/観音堂の周辺(網野宥俊)/浅草の顔(荒正人)/よし わら(村田宏雄)/社会心理学者の見た「浅草」/浅草のみやげもの・たべもの(アンケート)/編集をおえて。




 no.3144 ¥1,500  遊びか た教室


友利茂利(装幀/志 村立美)
オリオン社/67年初版/帯付/四六版/345p/定価480
カバー少々痛み汚れ微破れ

「この親爺、なかなかの物識り風流人で、小唄、ゴルフから エレキバンドに到るまで趣味は広い。銀座の女性は彼のおしゃべりをきいて溜息をつくというほどの魅力のある人だ。この人の体験談を読むだけで男も女も人生 の楽しさがほのぼのと感じられる」(服部良一の帯文より)。多種多様な交遊歴をもつ料理人の髄筆集。



SOLD!
 no.3705 ¥1,500  ザコ寝 の人生


淀橋太郎
立風書房/73年初版/帯付/B6版/255p/定価600
カバー微痛み汚れ、帯少々痛み汚れ

「ぼくも、ちょっぴり楽屋暮しをしてきたが、大先輩・淀橋 太郎さんのレビュー人生はケタはずれだ。それにしても、楽屋ってところには、珍奇な女や男がすんでいる。なかでも、おかしく、懐かしいのはおさせの踊り 子。ああ、懐かしい踊り子のツンパ(パンツ)のにおい」(田中小実昌のカバー文より)。




 no.2702 ¥1,500  舶来屋 一代 はんどばっぐにほれたおとこ


上前淳一郎(装幀/ 安野光雅)
文藝春秋社/83年1刷/帯付/四六版/349p/定価1,200
天地小口本文少々焼け

「グッチ、エルメス、ロエベなど世界の一流品を他に先がけ て紹介し、多くの有名人に愛されてきた高級舶来品専門店"サン・ヤマモト"。一代でこの店を築いた男のの常に一流品を愛し広めてきた先見性溢れる人生」 (帯文より)。元祖カリスマバイヤーの昭和史。



注文メールはbooby-bookstall@nifty.comまで

<<vol.12 vol.14>>