販売中 vol.4 UPDATE→1/21
<<vol.3 vol.5>> <<home



 no.3151 ¥1,500  アメリ カ人(岩波写真文庫5)

  監修/南博 写真/ 名取洋之助
岩波書店/50年初版/B6/64p/定価100
表紙少々痛み擦れ汚れ傷焼け

人間の「ルツボ」/神話のない國/自分たちでつくる社会/ 見えない権威/希望は失われない/新しい力/忘れられた社会/アメリカの思想。




 no.2975 ¥1,300  アメリ カ(岩波写真文庫6)

  監修/南博 写真/ 名取洋之助
岩波書店/50年初版/B6/64p/定価100
表紙少々痛み擦れ汚れ傷焼け水シミ有

「広い豊かな土地に、民主主義のよい遺産をひきつぎ、黄金 のカーテンのなかで世界の経済を支配している国。新しさを求めるいっぽう、なにも変わらないことを望み、誰もが勝手に自分のことをしゃべっているように見 える国。一切の矛盾したさまざまの模様のなかに縦糸と横糸とが強く通っているように、多数のものからなる一つのものといわれる国」(本文より)。




 no.3051 ¥1,200  アメリ カ人の血と気質

安岡章太郎(装幀/ 池田満寿夫)
集英社/77年1版/四六判/197p/定価780
カバー少々痛み汚れ縁部分焼け

アメリカ人の血と気質(変容する"アメリカ像"/異邦人の アメリカ/アメリカン・リッチの苦悩/天皇・キング・貴族/ケベック気質/追いつめられたアメリカの"辺境"/コミューンの破産と黙想時代の到来/人種差 別と『ソウル』/黒人問題と地域性/アメリカの中の日本人)/アメリカの歴史感覚/ブリストヴィルの午後(戯曲)。





 no.2142 ¥1,800  アメリ カンブラックジャーニー
白石かずこ
(デザイン/BANANA BOY & MILK BOY FOR FLAMINGO STUDIO)
河出書房新社/75年初版/帯付/A5/236p/定価1,200
カバー&帯微汚れ焼け痛み、中微焼け

「旅は始まらないうちから始まる。日本をたつ前にすでにわ たしの内側に旅の胎児はみごもる。胎児にはまだ顔がない。胎児は妖怪である。胎児はアメリカである筈だ。わたしの中のアメリカ発見、またアメリカ絶望、ま たはアメリカ・ラブである筈だ」(本文より)。



 no.1027 ¥800  アメリ カンブラックジャーニー

白石かずこ(カバー /湯村輝彦)
集英社文庫/81年1刷/文庫/231p/定価260
カバー背微焼け

詩人・白石かずこが旅して感じた「アメリカの内なる声、孤 独からのメッセージ」を「ユーモアをまじえた詩的な感性」で綴る日記&エッセイ集。文庫版。再入荷。




 no.3130 ¥1,200  ニュー ヨークのフリックを知っているか
 シネマ&ミステリー・スクラップ


木村二郎(装幀/和 田誠)
講談社/81年1刷/四六判/264p/定価1,200
カバー微痛み汚れ

「このタイトルに象徴的な意味も、哲学的な意味も含まれて いない。ニューヨークで観た映画、読んだミステリーのことを書いたので、『映画』を意味する『フリック』flickと、『デカ』を意味する「フリック』 flicをひっかけただけのことだ」(まえがきより)。「ハヤカワ・ミステリー・マガジン」に1973〜1976年に連載された「ニューヨーク便り」をま とめた1冊。





 no.2157 ¥2,000   プライヴェート・ニューヨーク

和田誠 篠山紀信
文藝春秋/83年1刷/200×220/124p/定価2,000
カバー微痛み汚れ

銀座界隈をドキドキな日々を過ごした二人による、2週間の 旅の記録。映画と歌のプライベートな記憶を頼りにした和田誠の初NYを篠山紀信がシノラマでどう切取ったか。再入荷。




 no.3356 ¥1,000  New York POP Keywords 100(Men's Club Books)


小久保彰(装丁・本 文コラージュ/篠田昌三)
婦人画報社/86年初版/A5/217p/定価880
表紙痛み汚れ擦れ傷折れ跡微破れ
天地小口&本文焼け少々シミ

都市生活者のキーワード(ヤッピー/ジャンクショップ/ア ヴェドン/ス ーパーリアリズム/etc)/アメリカ35の鍵穴(バウハウス/フィッツジェラルド/ポストモダン/Xレイティッド/etc)/ニューヨーク・スタイル (スクリーンモード/エスクァイア/アヴァンギャルド/ヌーベルアイビー/etc)/アティテュード・リボルーション(ポップアート/ゲイカルチャー/ス ピルバーグ/プリコラージュ/etc)。再入荷。




 no.2571 ¥1,000  街を読 む ニューヨーク(シティ・ウォーキング・ブック3)

平松由美 枝川公一
(ブックデザイン/平野甲賀 イラスト柳生弦一郎)
KKワールドフォトプレス/82年初版/四六版/223p/定価980

N.Y.のキーワード(略称=JFK,FDR/他)/町の 構造(垂直都市=Vertical City/他)/動く(両方向通行=Two Way Street/他)/食べる(朝食の卵=2 Eggs any style/他)/飲む(老舗酒屋=Sokolin/他)/買う(本のバーゲン店=Barnnes & Noble/他)/遊ぶ(のぞき窓=Peep Show/他)/住む(請求先指定電話=Third Number Call/他)/何だろう(歌う電報=Eastern Onion/他)/付録(夏時間=Summer Time/他)。ニューヨークを読み解く205のキーワード辞典。再入荷。



 no.3496 ¥1,000  ニュー ヨーク、ニューヨーク ニューヨークっ子のN.Y.案内


ヘレーン・ハンフ (訳/犬養智子 カバー/広瀬友利子)
サンリオ文庫/85年初版/帯付/文庫/265p/定価480
カバー背少々焼け、帯少々痛み、本文焼け

南部マンハッタンへ/アップタウン/ミッドタウン・マン ハッタン/ニューヨークの街々/ウェスト・サイドへ/モーニングサイド・ハイツ/グリニッチ・ヴィレッジへ/ロックフェラー・センターのトゥアー/ロ ワー・イースト・サイド/ケーブルカーでルーズヴェルト島へ/バス・トゥアーでハーレムへ/ニューヨークっ子は夏の週末をセントラル・パークで過ごす。再 入荷。




 no.2849 ¥2,500  忘れや はするミス・ニューヨーカー(forladies98)


常盤新平(装幀・イ ラストレーション/佐藤憲吉)
新書館/77年初版/155×170/182p/定価680
カバー少々痛み微汚れ

「ミス・ニューヨーカーのことをもっと知りたかったら、私 などに訊くより、"ニューヨーカー"という雑誌を読んだほうが早い。古風な装いだけれど、心はラディカル・シックな女、というのが、ミス・ニューヨーカー である」(あとがきより)。




 no.1785 ¥1,000  ニュー ヨーク知ったかぶり

常盤新平
ダイヤモンド社/89年初版/B6/282p/定価1,300

アルゴンクィンからヴィレッジへ/カフェ・レッジョで AIDSの記事を読む/ピート・ハミルのニューヨーク/セイント・マークス書店/トライベッカの1ツ星/マンハッタン最大のニューズスタンド/パーティ会 場としての図書館/ブルーミングデールズの一世紀/ソーホーを追われてブロンクスへ/懐かしいニューヨークの友人たち/etc。雑誌「BOX」連載50回 分をまとめた常盤新平版「ぼくのニューヨーク地図ができるまで」80'S?




 no.3286 ¥1,200  アメリ カンブランド物語


ハナ・キャンベル (編/常盤新平)
冬樹社/81年初版/帯付/四六判/281p/定価1,300
カバー微痛み汚れ、帯破れ

コカコーラ/ドクターペッパー/カティサーク/IWハー パー/キャメル/ラッキーストライク/ワセリン/ヴィックスヴェポラップ/エイボン/ジレット/フォード/シボレー/シェル/コダック/スコッチ /etc。食品、酒、煙草、家庭常備薬、化粧品といった、世界に名の知れた日用品・MADE IN USA・ストーリーズ。




 no.3440 ¥1,000  アメリ カの会社 日本人の欲望を狙う商魂
 (カッパビジネス)



山崎清(カバーデザ イン/亀倉雄策 本文のカット/真鍋博)
光文社/63年13版/新書判/220p/定価240
カバー少々破れ痛み汚れ傷、天地小口少々焼け汚れ
本文少々焼け

「アメリカの会社は、知れば知るほど恐ろしい、ドライで非 常な商売人だと、彼は主張する。だが、その彼にしてからが、ジレットでひげをそり、パーモリーブ石鹸で手を洗う。この原稿は、連日コカ・コーラとMJB・ コーヒーを飲みながらの労作だ」(カバーの紹介文より)。




 no.3085 ¥1,200  アメリ カ最終出口


宮本陽吉
冬樹社/80年初版/帯付/四六判/239p/定価1500
帯汚れシミ、天地小口&本文少々シミ汚れ

「セルビー『ブルックリン最終出口』やアップダイク『走れ ウサギ』などの訳書で知られる著者が、激しく変貌する時代のうねりの中で、ロス、ヴォネガット、キャディス、ガードナー、ソンタグ、ギャスほか混迷の極を きわめた文学の出口を模索するアメリカの現代作家たちの動向を伝える注目のレポート」(帯文より)。




 no.3225 ¥1,300   BOYS AMERICAN NOTES 雑学少年アメリカ百科



責任編集/松山猛  黒川邦和(装幀/真鍋立彦)
平凡社/83年初版/B6/269p/定価780
本文焼け

「本来の意味は、目を見張らせるような事件である。日本語 風に言うなら、眼からうろこがおちた…というやつ。アメリカ俗語的には、朝酒という意味もあって、よく冷えたビールなどを飲んで、眠気を払うような意味に も使う」=アイ・オープナー(eye-opener)という感じで始まり、「男と女のただ一度の、一夜だけの関係」=ワン・ナイト・スタンド(one- night-stand)で終わるアメリカ雑学キワード事典。




 no.2104 ¥1,200  サンフ ランシスコ 旅の雑学ノート

枝川公一
ダイヤモンド社/79年初版/帯付/150×185/222p/定価1,000
帯微破れ有

「サンフランシスコで会ったアメリカ人は、いままでまるで 気がつかなかった"サンフランシスコの見方"を、アヴォカドとアルファルファ・スプラウトのサンドイッチを食べながら教えてくれた。閉店間際の古書店で、 書棚の下の戸棚がなぜか開いていて、貴重な参考文献が手に入ったこともある」。という感じで書き綴られた旅の雑学ノート・シリーズ・サンフランシスコ編。



 no.2490 ¥1,200  パリの 素顔(岩波写真文庫194)

監修/柳宗玄
岩波書店/56年7月/B6/64p/定価100
表紙少々痛み擦れ汚れ有

「これはパリの観光案内ではない。またこの美しい町の中に 気儘に題材を漁って出来た芸術写真でもない。パリで数年を送った留学生たちが、それぞれの仕事の合間に、何気なしに見かけた町の風景なのである。それゆえ にこそ、かえって飾らないパリの素顔をが浮出てはいないだろうか」(本文より)。



 no.633 ¥900  メディ ア都市パリ

山田登世子
ちくま学芸文庫/95年1刷/文庫/312p/定価1,200
カバー後少々値札剥がし跡有

「フランス初の情報紙"プレス"に1836年から1848年まで連載され、同時代の文学やファッションに影響を及ぼした"パリ便り"という流行通信」を通 して、マス・メディアと都市の発展の関係を探る1冊。図版多数収録。




 no.618 ¥1,200  プラン タン 巴里 ベルエポック

重松佳江
講談社/85年初版/B6/230p/定価1,000

ターミナルに開店した/自由に店内を歩けた/エレベーター をとりつけた/バーゲンセールを始めた/万国博覧会に出店した/パリ・コレクションを始めた/オリジナル包装紙を作ったetc。百貨店商法のオリジネー ター、ジュル・ジャルゾーと「オ・プランタン」のサクセス・ストーリー。




 no.2620 ¥1,500  太陽  特集・パリ物語

  (表紙コラージュ/ 沼田元気)
平凡社/96年12月号/A4/192p/定価1,000
表紙微み

巴里ピンホール観光(針穴写真・田所美恵子)/パサージュ の誘惑(鹿島茂)/昼下がりはブラッスリーで(ロラン・トポール)/パリの雑貨を買いに行く(入江末男)/パリの映画館(トラン・アン・ユアン)/パリで おいしい買物(川原亜矢子)/ぼくの伯父さんの散歩旅行(沼田元気)/etc。




 no.978 ¥1,200  パリス ケッチブック

アーウィン・ショー  絵/ロナルド・サール(訳/中西秀男)
サンリオ/86年初版/B6/230p/定価980
カバー微痛み

25年間にわたる滞在で「フランス風にさようなら」を身に つけた著者と風刺画家サールのコラボレーションによるパリ素描帳。再入荷。




 no.1432 ¥1,000  街を読 む パリ(シティ・ウォーキング・ブック2)

永島章雄(ブックデ ザイン/平野甲賀 イラスト柳生弦一郎)
KKワールドフォトプレス/85年3刷/四六版/207p/定価980
カバー微痛み汚れ

パリを知る(パリ20区= l'arrondissement/他)/パリの交通(地下鉄=Le metro/他)/パリを歩く(公園=Les jardins/他)/パリの買物(古本屋=les bouquistes/他)/パリのコミュニケーション(郵便局=Le bureau de poste/他)/パリを食べる(コーヒー=Le cafe/他)パリに泊まる(ホテル=l'hotel/他)/パリの日常生活(朝食=Le petit dejeuner/他)。パリを読み解く188のキーワード辞典。



 no.453 ¥1,000  フラン ス歩けば…

林丈二(装幀/南伸 坊)
廣済堂出版/94年2刷/B6/229p/定価2,000
カバー少々傷み&焼け有

「旅先での靴底につまった小石の採集標本で有名な」路上観 察学会員の著者が1ヶ月間フランスを歩いて拾い集めた見知らぬ街の日常物の数々。




 no.1893 ¥1,200  ぼくだ けのパリ(平凡社カラー新書48)

なだいなだ
平凡社/76年初版/新書判/143p/定価550

来た、見た、買った、の観光客/ノートルダムのめぐりあい /ムフタール街/パリと時間/パリとフランス/学生の町パリ/失われたもの/住む町。30日の船旅と60ヵ月分の給料のかなたにあったパリとは?



 no.1807 ¥1,000  セーヌ 左岸(ユニコーンカラー双書16)

尾崎昭美
駸々堂/76年初版/新書判/143p/定価500
カバー微痛み、底部分書込み有

ヴィヨン、ボードレール、ヴェルレーヌ、リルケ、ドラクロ ワ、ロダン、ロートレック、モディリアニ、etc。文学と芸術をキーワードにしたセーヌ左岸散策ガイド。再入荷。



 no.2581 ¥1,000  セーヌ 右岸(ユニコーンカラー双書51)


尾崎昭美
駸々堂/77年初版/新書判/141p/定価500
カバー微痛み汚れ

両替橋からシャン=ゼリゼまで/エトワール、モンソー地区 /外回り大通りに沿って/外回り大通りからグラン・ブルヴァールへ/シャイヨ、パッシー、オートゥイユ。




 no.1104 ¥1,000  ドン・ キホーテの国(平凡社カラー新書19)

飯沢匡
平凡社/75年初版/新書判/143p/定価550

「私はセルバンテスが、どうして狂気のドン・キホーテを書 いたのかを知ろうとして、ラマンチャ地方を歩いた」。「情熱の国」では納まらないスペインを発見する旅の記録。




 no.3771 ¥1,000  スイス の山(カラーブックス36)


山田圭一
保育社/77年重版/ビニカバ/文庫/153p/定価430
ビニカバ微汚れ焼け

ヨーロッパのアルプス/ヴァリス・アルプス/アルプスの氷 河/モンブラン・グループ/エーデルワイス/ベルナー・オーバーランと/アルプスの山と人/オーバー・エンガディーン/その他のアルプス地方/アルプスの 旅。




 no.1350 ¥1,000  不思議 の国スイス(ユニコーンカラー双書47)

吉田康彦
駸々堂/77年初版/新書判/141p/定価500
カバー微痛み傷焼け有

ウィリアムテルと瀕死のライオン/青空会議と国民投票/針 ネズミの武装国家/国民所得世界一の秘密/銀行王国の内幕/スイスのカント。



 no.2866 ¥1,000  鉄道の 旅 北欧(ユニコーンカラー双書3)


中田安治
駸々堂/75年初版/新書判/143p/定価500
カバー少々汚れ微痛み

パリ北駅から/炎天下の撮影行/ハンブルク再訪/渡り鳥 コース/コペンハーゲン/スカンジナビア半島へ/最北の急行列車/白夜の太陽/ストックホルム/オスロへ/列車変更/昼食は食堂車で/近代的なオランダ国 鉄/ミニチュアの国/異国で味わう日本の味/アムステルダム見物/パリへ/北欧の鉄道。ヨーロッパの列車の写真多数収録。再入荷。




 no.3742 ¥3,000  新・西 遊記 われ〈ヨーロッパ〉に遭難す



宮本研(カバー絵・ 本文カット/朝倉摂)
ドリーム出版/67年1刷/新書版/300p/定価340
カバー少々汚れ痛み焼け傷、天地小口少々汚れシミ焼け

「これは新進(?)劇作家、喧嘩の名人宮本研のヨーロッパ 武者修行記。旅人たらんとして旅人になりきれず、言葉が通じるところでは言葉で、通じないところでは身振・表情術で、やたらと喧嘩を売ってまわってきたら しい話。ー行く先も、日ソ作家シンポジウム、リュビーモフの芝居、チェコの「城」、東独のベルリーナ・アンサンブルや憎まれっこのペーター・ワイス、イタ リアのピコロ・ミラノなどーヨーロッパ演劇の喧嘩場ばかり」(千田是也のカバー文より)。




 no.3641 ¥2,000  ヨー ロッパやきもの旅行


安岡章太郎(装幀/ 三村淳 挿絵/鴨居羊子 写真/富山治夫)
平凡社/76年初版/函入/四六判/164p/定価1,350
函少々痛み微汚れ

イタリア 陶器の町、ルネッサンスの町/スペイン アンダ ルシアの色と形/ポルトガル タイルの国の旅/セーヌの水はあまりに遠し/パリの写真 木村伊兵衛、ドアノー、アッジェ。再入荷。



SOLD!
 no.2342 ¥1,000  アイデ アの旅

小林利雄
ダヴィッド社/59年再版/B6/221p/定価360
カバー汚れ痛み擦れ傷折返し部分破れ、天部分汚れ有

当時の宣弘社社長による屋外広告とテレビのアイデアを求め ての欧米旅行記。この視察の成果が日本の屋外広告の飛躍的な発展と、日本最初のテレビ映画「月光仮面」という話。



 no.3070 ¥1,200  アトム 記者世界道中記


木村繁(装幀/中浜 光男)
朝日新聞社/65年1刷/B6/319p/定価360
カバー少々汚れ痛み焼け、天地小口少々焼け汚れ

氷だらけの北極を超えて/紳士だらけのイギリス/廃墟だら けのイタリア/美女だらけの二つの町/焼跡だらけの二つの国/栄光だらけのフランス/未来だらけのアメリカ/アトムだらけの一週間/愉快だらけの旅の終 章。「欧米原子力事情視察記者団」の旅行記。




 no.574 ¥1,000  香港  旅の雑学ノート

山口文憲
ダイヤモンド社/83年5版/150×185/222p/定価1,200

「この近未来のパンドラの箱に入りこんで、おれが香港で死 んだら、山口百恵は菩薩であるが、山口文憲は謀殺であるとうそぶく若き快男児ミスター・ブンケンの度胸は上々」と平岡正明も推薦する、旅の雑学ノート・シ リーズ・香港編。




 no.3541 ¥1,200  ヨー ロッパ音楽旅行案内


福原信夫(装幀/石 原昭夫)
音楽之友社/65年1刷/ビニカバ帯付/B6/343p/定価480
ビニカバー汚れ焼け少々痛み、天地小口焼け汚れ

ローマ帝国の夢の跡と「光と音の祭典」/ベートーヴェンや シューベルトの眠る中央墓地/ヴァーグナーとチューリッヒ/ミュージックホールとシャンソニエール/青物市場の中のオペラ・ハウス/チャイコフスキー音楽 院とグリンカ博物館/ショパンの遺跡をしたって/プラハのオーケストラとコンサート・ホール/ペオグラドの音楽界/ベルリン音楽院とフィルハーモニー/モ ダンなオペラ・ハウスと電子音楽/etc。




 no.3526 ¥2,500  極北の 氷の下の町


中谷宇吉郎
暮しの手帖社/66年初版/B6/222p/定価320
表紙少々痛み汚れ傷擦れ

極北の神秘・氷島/極北の氷の下の町/アラスカの氷河/西 洋の浜焼/サラダの謎/牛の丸焼/加賀の蟹/おにぎりの味/桃林堂の砂糖づけ/貝鍋の歌/なにかするまえに、ちょっと考えてみること/犬がなくとガラスが こわれるか/誰も生まれないまえから雪は降っていた/お金さえあれば電気冷蔵庫は買えるが、上手な使い方はお金では買えない/機械の恋。




 no.2925 ¥1,500  愛のエ レキ ロシアを翔ぶ

寺内タケシ
けいせい出版/78年初版/帯付/B6/254p/定価890
カバー少々痛み汚れ傷、帯痛み破れ、天地小口焼けシミ
本文一部シミ有

「『赤字3000万円!それでもオレは行く』白血病の少女 慰問のために、機材8トン、メンバー16人でロシアへ乗り込んだ、日本人・寺内タケシの涙と怒りと笑いの演奏旅行記」(帯文より)。




 no.71 ¥800  インド 即興旅行

山下洋輔 河野典生
徳間文庫/83年初版/文庫/342p/定価420

「乞食に追われ、物売りとは強烈な価格セッション。路地裏 では太鼓、蛇笛、ハルモニウムの大セッション。」とまさに「狂燥と瞑想の即興旅行セッション」の活字ライブバージョン。




 no.1064 ¥1,500  九つの 空

團伊玖磨
朝日新聞社/71年3刷/ビニカバ帯付/185×213/362p/定価1,300

日本/アメリカ/オーストラリア/インドネシア/タイ/カ ンボディア/フランス/イギリスと続く、「生まれ、生き、そして死ぬ、人生という、旅であり音楽である自分自身の時間構成の中に見た、九つの空の記録」。



SOLD!
 no.1824 ¥1,500  とべな い鴎(For Ladies71)

黒田征太郎(装幀/ 長友啓典)
新書館/75年初版/155×170/135p/定価680
カバー少々汚れ擦れ有

ポルトガルの海辺で/スペインの風に吹かれて/夕陽のモ ロッコ/マドリッドの望郷。黒田征太郎の旅の絵日記。




 no.3566 ¥1,200  想い出 のホテル ドゥマゴからの贈り物


(装画/山本容子  装幀/菊地信義)
Bunkamura/97年1刷/四六判/219p/定価1,600
カバー微汚れ痛み

窓(イタリア)鈴木清順/ホテル125(オランダ、オース トラリア)田中小実昌/廊下で寝る宿のオバサン(日本)赤瀬川原平/ホテルと映画(ドイツ)山田宏一/キャヴェンディッシュ・ホテル(イギリス)海野弘/ 北ホテル(フランス)吉増剛造/最初の客(カリブ)松山猛/エル・ミンザの思い出(モロッコ)四方田犬彦/etc。



SOLD!
 no.2152 ¥1,200  チップ ものがたり

水野正夫(装丁/宇 野亜喜良)
主婦の友社/80年1刷/B6/201p/定価880
カバー微汚れ痛み

チップとは/日本人とチップ/チップを知れば気楽な旅が/ チップを粋にやるのはむずかしい/ちょっとしたテクニック/こぼれ話。



 no.2447 ¥1,200  世界無 責任旅行(ポケット文春508)

末武正明(装幀/風 間完)
文藝春秋新社/62年初版/新書版/213p/定価200
カバー微痛み汚れ傷破れ、天地小口少々焼け汚れ有

本場で振るシェーカー/ウィスキーの父の墓まいり/ネコの ミイラのあるパブ/ギロチン酒場/おごってくれたオランダ人/ミュンヘン美人のバーテンダー/スイス1日食べ歩き/塩は煙草屋で/羽田で所持金20円 /etc。常連客が集めてくれたお金で百日間世界一周の旅に出たうらやましバーテンダーの世界酒場旅行記。再入荷。




 no.2947 ¥1,000  変ンな外人 じゃぱ ん紳士の交際術


早川東三(装幀/小 林泰彦)
光風社/63年初版/四六版/228p/定価300
カバー痛み汚れ傷破れ有

日本脱出のエチケット/出発直前のポーズについて/微笑に 関するエチケット/下半身に関するエチケット/恋愛に関するエチケット/変ンな外人たち/ドイツのバカンス/忘れられない娘たち/じゃぱん紳士の夜の夜/ 帰国に関するエチケット/外人に強くなる法。




 no.2122 ¥1,200  じゃぱ ん紳士 夜のエチケット教科課程


早川東三(カバーデ ザイン/村瀬秀明 本文カット/柳原良平)
光文社/61年10版/新書版/211p/定価160
カバー微汚れ痛み傷有

学習院大学教授による海外旅行における夜のエチケット集中 講座・全7課目。1)日本脱出の方法(黄色い肌を誇るとき)、2)トイレット作法(ペーパーに関する若干の考察)、3)異国の夜の紳士道(珍写真を買う方 法)、4)デートの作法(オカチメンコの扱い方)、5)食卓での新エチケット(女性は葉巻を吸うか)、6)金を使わぬ方法(通訳はわざわいのもと)、7) 観光旅行の作法(あとくされの効用)。




 no.2734 ¥1,500  イン ディアン居留地で見たこと


宮松宏至(装幀/平 野甲賀)
草思社/83年1刷/帯付/四六版/230p/定価1,300
カバー&帯微痛み汚れ焼け、本文少々焼け

「わたしはたまたまカナダにおける、しかも五百人たらずの 小さな村の出来事を報告したまでである。しかし、この小さな村で起っている現実は、今日全世界の少数民族が受けている抑圧された生活を代表しているのでは なかろうか」(あとがきより)。あるカメラマンがカナダの先住民居留地、グラシイ・ナロウズでの6年間で見たこと考えたこと。




 no.3724 ¥1,500  スペイ ン巡礼 スペイン全土を廻る


天本英世(ブックデ ザイン/吉冨浩)
話の特集/82年2刷/四六版/301p/定価1,400
カバー少々痛み汚れ、天地小口少々汚れシミ
見返し署名&書込有

著者はロルカの詩の朗誦者として、スペイン語と日本語の両 方で朗誦するわが国で唯一の俳優で、スペイン民芸・フラメンコのレコー ドのわが国最大のコレクションを持つとのこと。




 no.3236 ¥1,200  帰らな い旅 スペイン モロッコ フィジー…


室謙二(装丁/矢吹 申彦)
教育研究社/71年1刷/四六版/237p/定価980
カバー微痛み汚れ、本文少々焼け

ヘミングウェイのスペイン/ヨーロッパからアフリカへ/南 太平洋の旅/アジアの旅 トウキョウへの旅。「今まで書いたぼくの何冊かの本の中で、この本の中に一番ぼく自身がいるような気がする」(まえがきより)。




 no.3686 ¥2,000  どこか 遠くへ行けば夢の世界が開けてくると思っているかも
 しれないけれどやっぱりそこにも同じ世界があるんだよキミ
 あるいは単細胞的現代探検論または地球人 間論入門



磯貝浩 松島駿二郎 (表紙/三村淳)
自由国民社/85年初版/ビニカバ/四六版/261p/定価580
カバー少々痛み傷擦れ汚れ微破れ

「アドベンチュアーと探検は、ぼくにとって〈手段〉だっ た。ふたたびキザを承知でいう。ぼくが信じている文学ーあるいは他人のそれとは、まったく違う意味で、ぼくはこの言葉を使っているかもしれないがーに、よ り近くせまる〈手段〉だった。ということは、ぼくがアドベンチュアーとか探検という言葉を使うとき、そのすぐそばに人間がいた。人間と無関係に、それはあ り得なかった。いまもそうである」(あとがきより)。




 no.3551 ¥2,000  ブタが 狼であったころ(ぱあめ文庫・地球星シリーズ2)


磯貝浩
ぱあめ書房/85年初版/ビニカバ/四六版/488p/定価2,500

「世界百カ国あまり、地球のすみずみにまで、ほとんどくま なくといっていいほど顔をだし、むちゃくちゃな放浪生活を楽しんだ。地球とまぐわったつもりの旅」(あとがきより)。ヨーロッパをヒッチる/ぶらぶらぶら メルヘンの旅/あまったれ青春世界をはねる/ヨーロッパ探検の提唱。




 no.686 ¥1,000  12万 円で世界を歩く

下川裕治
朝日新聞社/90年2刷/125×245/216p/定価1,450
カバー&中微焼け

タイ〜マレーシア〜インドネシア/ネパール/韓国/中国/ アメリカ/世界一周/インド/メキシコ〜キューバ/中国〜香港〜マカオ〜台湾/アメリカ〜カナダ〜北極圏/タイ〜ミャンマー/シルクロードを、バブルはじ ける前の12万円以内で巡る、1巻のガムテープと蚊取り線香立てが必需品の「地球の歩き方」極貧バージョン。




 no.2681 ¥1,200  船旅 を楽しむ本(講談社現代新書)

柳原良平
講談社/87年1刷/帯付/新書判/208p/定価480
カバー少々痛み汚れ焼け、帯破れ有

いよいよ船旅時代/船旅の楽しさはどこにある/客船の良し 悪し見どころ/船客心得帳/三つの航海記/客船ブーム来たる/ベスト・クルーズ・ガイド/これからの日本の船旅。




 no.2256 ¥1,000  船旅絵 日記(柳原良平 船の本1)

柳原良平
徳間文庫/86年初版/文庫/333p/定価480

著者が本格的に船に関する本にとり組み始めた5冊シリーズ 「柳原良平 船の本」の濃縮版文庫3冊シリーズの中の1冊、船旅と港紹介編。文庫化の際に口絵のカラーイラストが追加されています。


SOLD!
 no.2304 ¥1,300  船キチ の記(柳原良平 船の本2)

柳原良平
徳間文庫/87年初版/文庫/301p/定価460
見返しに著者イラスト署名入り

著者が本格的に船に関する本にとり組み始めた5冊シリーズ 「柳原良平 船の本」の濃縮版文庫3冊シリーズの中の1冊、私が船が好きなわけ編。文庫化の際に口絵のカラーイラストが追加されています。解説は開口健。



 no.3001 ¥1,000  船旅の絵本

柳原良平
徳間文庫/86年初版/文庫/220p/定価580
カバー微痛み

「船に乗ってどこかへ行くのではなく、目的地は船そのもの で、着く港々は背景に過ぎない」と言い切る柳原のカラーイラスト満載で満喫する優雅でのどかな船旅絵本。再入荷。




 no.3275 ¥1,500  オンボ ロ船医の世界診察


浅田晃彦(装幀・ カット/柳原良平)
朝日新聞社/61年1刷/四六判/226p/定価280
ビニカバ本体貼付け汚れ焼け傷、本文焼け
天地小口焼け汚れ

船医は何をする人ぞ/船客品さだめ/港々の買物心得/世界 の夜の裏通り/臭い王様/ドルと艦砲射撃/子供の天国/オランダ三題ばなし/ハンブルグのショー/スペイン時間/etc。




 no.3336 ¥1,200  旅の絵本


谷内六郎
旺文社文庫/81年重版/文庫/199p/定価580
カバー少々痛み汚れ

「旅もぼくのは心の旅、夢の旅、ぼく自身の人生の旅もあっ て色々です。時代が移り環境が変わりました。でも人の心の流れ、感情とか心理という友は変わらないので、若い人々も外界が変化しても、よういにこの文に共 感してくれる人も多く、何編か旅行全集などに入れられたりもしてきたこの旅の絵本の文章です」(あとがきより)。




 no.3450 ¥900  和蘭か らの色エンピツ


おおば比呂司
旺文社文庫/84年初版/文庫/191p/定価340
カバー傷少々痛み汚れ

晦日そば代わりの揚げパン/木靴の靴ズレ/マメに歩けば美 味いものにあたる/シャンソン・ド・アムス/トルコVS飾り窓/オランダ版"なまはげ"/台所見物の記/やってみようオランダの味/流れにそった町/ごん ごん走る犬の頭/チーズの市で一石二鳥/大河喜太郎の下宿先/etc。オランダ生活画文集。




 no.2839 ¥1,500  絵で語 るヨーロッパ鉄道旅行

  絵と文/高井貞二
毎日新聞社/75年初版/190×215/187p/定価2,000
カバー微痛み焼け

「私は21日間のパスを求め、ルクセンブルグからはじまっ て、ドイツ、スイス、イタリア、フランス、イギリス、オランダをまわり、ベルギーを通過した。(略)この本は、21日間でも、これだけのヨーロッパ見物が できるという絵入りガイドである」(まえがきより)。




 no.3616 ¥1,000  日本の 鉄道(カラーブックス65)


萩原武夫
保育社/72年14刷/ビニカバ/文庫/153p/定価280
ビニカバ少々汚れ焼け

東海道新幹線/電車/特急用固定編成客車/ディーゼル・ カー/電気機関車/ディーゼル機関車/蒸気機関車/私鉄。東海道新幹線開通記念、昭和39年時点での日本の鉄道ミニ図鑑。




 no.2531 ¥1,200  市街電 車(ユニコーンカラー双書49)

永六輔 中田安治
駸々堂/77年初版/新書判/141p/定価500
カバー微痛み傷焼け、見返し名前印有

安来節とチンチン電車/香港と二階建電車/思い出の中の都 電/日本の市街電車/世界の市街電車/ワンマンカー/世界の動向/日本の技術。


SOLD!
 no.3781 ¥1,500  ふだん 着のヨーロッパ 街角でみた庶民の生活


森南海子
三一書房/64年1版/新書判/217p/定価230
カバー微痛み傷汚れ、天部分少々汚れ焼け

近くて遠いヨーロッパ/ヨーロッパの街角で/あきない・さ まざま/流行とふだん着/ところ変れば/身上相談拝見/暮らし・あれこれ/異国であったニッポンの人たち/付録・暮らしのアイデア。




 no.3316 ¥1,200  嵐ヶ丘 ふたり旅


河野多恵子 富岡多 恵子(装丁/坂田政則)
文藝春秋社/86年1刷/帯付/四六判/181p/定価950
カバー少々汚れ

夢の残り(河野多恵子) 去年の雪(富岡多恵子):西ベル リン/詩人の赤い糸(富岡多恵子) ブロンテ詣(河野多恵子):ヨークシャー/女王幽閉の島(河野多恵子) 「貴族」の館と「教授」の家(富岡多恵子): スコットランド/北国の夏(富岡多恵子) 首斬場の鴉(河野多恵子):ロンドン。




 no.3431 ¥1,200  ろばと 砂漠と死者たちの国


加藤登紀子(装丁/ 和田誠)
文化出版局/72年1刷/四六判/268p/定価620
カバー少々痛み汚れ傷

ペルシアのやすらぎ(テヘラン シラズ オスファハン)/ さまよえる人たち(ベイルート パレスチナ難民キャンプ パルミラ)/ろばと砂漠と死者たちの国(カイロ ルクソール アブシンベル)/黒い肌への愛着 (マラケッシュ 旅は終わった)。著者自身による写真多数収録。




 no.3486 ¥1,500  新日本 紀行


(ジャケット写真/ 加藤悦二 中扉木版/荒川明照)
日本交通公社/68年三版/帯付/四六判/303p/定価480
帯少々破れ痛み、天地小口少々シミ

北海道への一〇〇〇キロドライブ(安部公房)/八岐の 大蛇とうきょう(開高健)/御前崎への郷愁(串田孫一)/天竜川をさかのぼる(庄野潤三)/北陸の温泉芸者問答(吉行淳之介)/実感的奈良見物(安岡章太 郎)/日向普段着旅行(檀一雄)/etc。雑誌「旅」連鎖の三〇枚紀行文からセレクトされた20編。




 no.3756 ¥1,500  たびた びの旅


真鍋博(装幀/真鍋 博 表カバー写真/右高英臣)
文藝春秋74年3刷/四六判/302p/定価880
カバー微痛み汚れ

食卓から醤油の街へ/珍自転車霞ヶ浦一周記/古地図旅 行/信州・育てる村/元祖・人間性都市を行く/七つめのふるさと/春は飛行船に乗って/ゆっくり歩こう=ユックリズム/夢のかけ橋を描け馳ける/東京自然 旅行/紙々のふるさと/サイクリング・城下町/航路のない航海/日本人・見本市/富士づくし/旅を発明する。再入荷。




 no.2810 ¥1,800  東京の 12章


本文/池田弥三郎  写真/藤川清・富山治夫
淡交新社/63年再版/ビニカバ/A5/254p/定価580
ビニカバ破れ、表紙少々痛み

東京の鼓動(動く/働く/学ぶ)/東京の変貌(生まれ る/消える/残る/まつる)/東京の休日(休む/遊ぶ/買う)/東京の道標(歩く/見る)。「近代の東京が受けた二大災厄"震災と戦災"を、東京をとおし て経験した、ある東京生まれの"東京ッ子"の東京につ いての愛憎の書」(あとがきより)。再入荷。




 no.3391 ¥1,500  東京自 転車小旅行



小林泰彦
文藝春秋/79年1刷/帯付/150×190/199p/定価1,100
カバー微痛み汚れ、本体少々歪み、本文一部角折れ、帯痛み

麻布の坂を走ったら/センチメンタル・ジャーニー(人 形町界隈)/東京にも渓谷がある!(等々力)/江戸城内堀をさぐる/セミしぐれの街(高輪)/湯島天神境内の場/目黒区ふたつの池/赤坂の坂めぐり/上野 の弾痕/東京のアイビー校(池袋)/公団アパートの源頼義(竹の塚)/花の生涯(豪徳寺)と世に棲む日々(松陰陣社)/勝と西郷(洗足池)/埋立て地周遊 (大井埠頭)/東京のラテン区(神田)/etc。




 no.2780 ¥1,300  散歩者 のための東京面白倶楽部


矢吹申彦
話の特集/84年2刷/A5/143p/定価1,300
カバー少々痛み汚れ、本文一部水シミ跡有

「ただし、シャイなら退いたままいろと云われても、そ う簡単に退けない。シャイだけど面白さを愉しむ人達、今日にも"粋"という感性があることを知っている人達、そのような人達に、ぼくはこの倶楽部をこさえ て贈るのだから」(あとがきより)。ミュージックマガジン連載のイラストエッセイをまとめた一冊。再入荷。




 no.3012 ¥2,000  ボクの マンスリー・ショック


荒川洋治(装幀/芦 澤泰偉)
気浄社/83年1刷/帯付/四六判/135p/定価1,200
カバー少々擦れ、背焼け

詩人・荒川洋治が全国各地にショックを求めて旅にで る。小倉のトルコ風呂に始まり小田原の競輪に終わるマンスリー・ヒューマン・フォトルポルタージュ。カバーはシルバー地にモノクロの緊縛写真&ピンクのタ イトルです。再入荷。




 no.2725 ¥1,000  ボクの マンスリー・ショック


荒川洋治
(カバーイラスト/つげ義春 カバーデザイン/平野甲賀)
新潮文庫/85年初版/文庫/285p/定価360
カバー少々痛み汚れ有

詩 人・荒川洋治が全国各地にショックを求めて旅にでる。小倉のトルコ風呂に始まり小田原の競輪に終わるマンスリー・ヒューマン・フォトルポルタージュ。 再入荷。



SOLD!
 no.3506 ¥2,500  神戸青 春街図


編/プレイガイド・ ジャーナル
有文社/75年2刷/110×190/235p/定価680
カバー少々痛み微汚れ破れ、本体少々歪み

都市への物的構想/ハロー・アゲン・スケッチノート/ ハロー・アゲンのページ/カネナ市ヒマアリ通サンポ横丁/青い鳥/ヒロ・イン・パースン/季刊「サブ」をめぐって/神戸でがんばっているイベントメーカー たち/週刊「月光仮面」総集編/おちこぼれている映画に陽をあてる正義の味方無国籍/黒メガネコンクール/



注文メールはbooby-bookstall@nifty.comまで

<<vol.3 vol.5>>