販売中 vol.6 UPDATE→3/4
<<vol.5 vol.7>> <<home



 no.1878 ¥1,500  シル ヴィーとブルーノ


ルイス・キャロル (画/H・ファーニス 訳/柳瀬尚紀)
れんが書房/76年2刷/帯付/A5/320p/定価1,800
帯少々破れ、天部分汚れシミ有

「わたしの愛する子供たちに、幼年の日々そのものである無 邪気な戯れのひとときにふさわしいような思いつきを提供し」「子供たちやほかの人々にも、人生のもっと厳粛な旋律とかならずしも調和しないことはない思い つき、わたしが心からそう願っている思いつきを伝えたかった」。ということで「アリス」の24年後に紡がれたナンセンス長篇大作。折込付録「シルヴィーと ブルーノ」をめぐって付。




 no.3447 ¥2,000  マラル メ先生のマザー・ グース



ステファヌ・マラル メ 訳/長谷川四郎
(ブックデザイン/平野甲賀 イラストレーション/柳生弦一郎)
晶文社/77年初版/四六判/159p/定価850
カバー少々焼け汚れ微痛み、天地小口少々汚れ

「本を開けばまずイギリスのわらべうたがあり。つづいてマ ラルメ先生の散文ありで縞模様をなしています。かの『鉄格子のコート着て」生きのいいゼブラに似てるかな」(はじめにより)。




 no.3015 ¥5,000  マザー グースの絵本 3冊セット(For Ladies80,82,84)



絵/ケイト・グリー ナウェイ 訳/岸田理生
(表紙構成/佐藤憲吉)
新書館/76年4刷,3刷/函入帯付/155×170/133p/定価650
函少々痛み汚れ

マザーグースの絵本「だんだん馬鹿になってゆく」、「アッ プルパイは食べないで」、「なぞなぞなぁに?みつけた」の3冊セット。再入荷。




 no.3261 ¥1,500  マザー グースの子どもたち I


写真・編/加藤和長  訳詩/谷川俊太郎
偕成社/82年初版/220×220/24p/定価980
カバー微痛み汚れ

オリバー、アナ、ジェシカ イギリスの子どもたちは 今 も、昔ながらのわらべうた あのマザーグースの歌をうたいながら 遊んでいます。ーロンドンのクローリー家の子どもたちと マザーグースの世界へ、あなた もどうぞ」(カバーのことばより)。再入荷。




 no.3280 ¥1,500  子ども の国からの挨拶

今江祥智(装幀/宇 野亜喜良)
晶文社/72年初版/ビニカバ/四六判/238p/定価780
ビニカバ汚れ縮み破れ

子どもの国からの挨拶 おるすばん/青い大きな海がひろ がってくる/想像力のたのしみ/絵本の世界を散歩する/童話の世界を散歩する/現代児童文学の世界を散歩する/子どもの国からの挨拶 あのこ/わたしの ブックリスト。子どもの本についての第二エッセイ集。




 no.3779 ¥1,500  朝日のようにさわやかに(サンリオギフト文庫)


文/今江祥智  絵/灘本唯人(装幀/国東輝幸)
サンリオ/76年初版/文庫/125p/定価450
カバー少々汚れ痛み傷

「私の場合、どこに関心したかというと、とても短かくまと めていながら、どれも短かさ を感じさせない点です。短かい小説となるとストーリーだけになりがちなのに、今江さんの作品ではそのほかに、あざやかな風景があり、人物がいきいきとし、 季節感までちゃんと伝わってくる。小説というより芸術品というべきかもしれません」(星新一の解説より)。




 no.3438 ¥1,500  夕焼け 遊園地(メルヘンの国)

絵/萩原朔美 文/ まえのまり(装幀・レイアウト/桑原伸之)
エルム新社/78年2刷/135×215/63p/定価800
カバー汚れ痛み

「夕暮れの遊園地では、子供と大人の歓声が空を燃やしてい ます。その、ウワーンという声の洪水とおなじくらい、たくさんの悲喜劇が乗り物の上でクルクル回転しているのです」(本文より)。




 no.3035 ¥2,000  ペー パームーン No.5

  (AD/宇野亜喜 良・佐藤憲吉)
新書館/77年4月号/A4/94p/定価480
表紙汚れ微痛み焼け擦れ傷微破れ

特集・日曜日。ベルギーの日曜日は、のみの市からはじまり ます/よこはま・めるへん・とらべる 赤い靴(文/岸田理生 カメラ/斎藤亢)/パリのレーンの日曜日/日曜日小辞典。その他、壜の中の鳥(文/寺山修司  イラストレーション/上野紀子)/憂鬱なモココ(林静一)/ギリシア神話の旅かた(高橋睦郎)/etc。




 no.1891 ¥1,500  詩とメ ルヘン 38号

責任編集・表紙/や なせ・たかし
サンリオ/76年7月号/A4/64p/定価380
表紙少々汚れ痛み微焼け擦れ傷シミ、綴じ部分微破れ有

「私、いつかの夢を見ていたんです。ドジスン先生が、私を 主人公にしたあの不思議なお話を聞かせて下さった日の夢を」。メルヘン・眠れぬ国のアリス(舟崎克彦&佐々木マキ)10p/さみしさ(日比野美鈴&宇野亜 喜良)2p/紅い花(新名ゆき&林静一)2p/etc。


SOLD!
 no.3682 ¥2,500  世界名 作童話 人魚姫・王様の耳はロバの耳


寺山修司(イラストレーション/宇野亜喜良、伊坂芳太良)
新書館/73年8刷/四六判/252p/定価800
カバー微痛み汚れ傷

このお芝居に出てくる人形たち。人魚の少女マルドロール、 若い船長ジークフリート、人魚の少女メメ、中年のクジラおじさん、金魚のキキ、葬式屋の魚人、骨だけの魚ヒドラ、海の魔女、片目の音楽師ポンズ、スリのフ ライ、四匹のイカ、キリミ、サシミ、ツマミ、シロミ、ヒトデの星、のっぽの下男ミニエル、小島のマリー、三人の楽士、女の子、他に、ひきがえる、魚、百頭 のへび等。




 no.679 ¥1,000  ポケッ トに名言を

寺山修司
大和書房/77年新装版1刷/B6/221p/定価790

「言葉を友人に持とう」と映画、詩、短歌、文学、戯曲、歌 などの中から寺山修司がセレクトした、彼/彼女の心のポケットを満たす言葉のブレイク・ビーツ集。




 no.3426 ¥1,200  ハイネ 詩集 愛のいたみに


訳/飯吉光夫 画/ 司修
サンリオ出版/75年初版/文庫/45p/定価450
カバー少々破れ痛み汚れ

「ハイネの詩は、わが国でも、これまで数々の歌曲の歌詞と して親しまれています。しかし、どの詩も、じっと読み味わっていると、決してたのしいばかりではなくて、だんだん底のほうに沈み込んでいくかなしみやさび しさがまつわりついていることが分かります。決してまじめ一点ばりではない、すこしひねこびて、いじけている人間のこころを、かれはその翳りごと詩の中に すくいあげています」(訳者あとがきより)。




 no.2800 ¥1,200  ボード レール詩集(ポケット版世界の詩人4)


訳/福永武彦(本文 イラスト/宇野亜喜良)
河出書房/67年初版/B6/221p/定価260
カバー微汚れ痛み焼け傷有

19世紀中葉、フランス印象派の先駆をなしたと言われる ボードレールの詩、理想/ジャンヌ・デユヴァル詩篇/サバチエ夫人詩篇/マリー・ドーブラン詩篇/未詳女性詩篇/憂愁/パリ風景/悪の華/死/散文詩集 「パリの憂愁」を宇野亜喜良のイラストと共に。再入荷。




 no.1981 ¥1,500  現代詩 手帖 特集/谷川俊太郎

(表紙/司修)
思潮社/73年6月号/A5/204p/定価450
表紙少々痛み焼け汚れ傷有

なんでもないものの尊厳/富士山(万国博の展示スクリーン のためのレジュメ)/コップの中の空気(童話)/牧場の中の一本の樹(放送劇)/谷川俊太郎のページ(書く/校歌/ことばあそび/コマーシャル/自作朗読 /翻訳/生活)/書くということ(対談×鮎川信夫)/etc。



 no.3667 ¥2,000  落首九 十九


谷川俊太郎(装幀・ 本文レイアウト/真鍋博)
朝日新聞社/64年2刷/四六判/200p/定価600
カバー少々痛み焼け汚れ傷有

「私は毎号ひとつのスペースを与えられてきた。編集部の注 文は、時事的な主題をもった詩を書けということだったので、私は与えられたスペースを塀に見立て、私なりの落首を書きつづけてきた。(中略)これらは諷刺 詩ととってもらってもいいし、エピグラム集ととってもかまわない。しかし私自身は、これらを、一九六二・三年の世界の中の日本の、ひとつの記録という風に 考えている」(あとがきより)。




 no.2663 ¥2,000  谷川俊 太郎エトセテラ


谷川俊太郎(装幀/ 和田誠)
大和書房/79年2刷/A5/229p/定価1,150
カバー微汚れ

谷川俊太郎+和田誠/赤塚不二夫/横尾忠則/友部正人/細 江英公/長新太/矢野顕子/市川昆等=ショート・ショート/劇画詩集/詩/対話/フォト・ミュージカル/アクロスティック/記録/映画脚本等というエトセ テラ= 無限大なバラエティ・ブック。再入荷。




 no.3221 ¥1,200  ナンセ ンス・カタログ


谷川俊太郎+和田誠 (装幀/ 和田誠)
大和書房/86年5刷/A5/156p/定価1,200
カバー少々汚れ微痛み

「自分の些細な感覚にこだわってみよう」とはじめた絵と文 によるショート・ショート・コラボレーション集。再入荷。




 no.3457 ¥1,200  愛のパ ンセ


谷川俊太郎(装丁/ 串田孫一)
出帆社/81年初版/四六判/305p/定価1,000
カバー微汚れ痛み焼け、天地小口少々シミ、見返し蔵書印有

失恋とは恋えお失うことではない/うそだうそだうそなんだ /恋の中の音楽*その二・三の形/谷川俊太郎に会う/はいといいえの戯れ/ほんとうのうそとうそのほんと/ボーイフレンドの全くないA子さんへ/ボーイフ レンドのありすぎるB子さんへ/男のうそは女のほんとにまさる/etc。再入荷。




 no.3558 ¥2,000  まっす ぐに愛して


サトウハチロー(装 幀・挿画/ 藤田ミラノ)
山梨シルクセンター出版部/70年初版/文庫/47p/定価300
カバー少々痛み汚れ

「うで卵に顔を書きます いつもあの人の顔です キモチが うきうきしているときは こんにちわなんて言いながら 皮をむいて ペロリとたべます いささか おかんむりの日には カラをむいて あの人の顔をむしゃ くしゃに 押しつぶすのですだからうで卵をしょっちゅうつくるのです」(本文より)。再入荷。




 no.3029 ¥2,000  愛を唄 う


サトウハチロー(装 幀・挿画 /山口はるみ)
サンリオ出版/73年12刷/150×180/125p/定価550
カバー少々汚れ痛み傷焼け、折返し部分角切取り有
天地小口少々汚れ

心やさしく愛をこめて/四季を唄う/愛する画家を唄う/若 者たちのために/お祝の詩ー朗読のためにー/母を唄う 母が唄う。再入荷。



SOLD!
 no.2496 ¥2,500  愛を語 る壺

串田孫一(装幀・装 画/串田孫一)
山梨シルクセンター/68年初版/150×180/125p/定価390
カバー微汚れ縁部分少々痛み

「私の使う言葉は殆んど泡のようなものであって、すぐに消 えてしまう。その儚さは、かなしいどころか私にとってはありがたい。それでも私は時々気がつく。自分の使う言葉が儚いものだと分れば、泡のようにすぐ消え てしまうものだと知ったのなら、それを大切に使わなければならない。いい加減に、他人が悦ぶからと言って、心にもないことを書いてはいけない」(序よ り)。再入荷。



 no.2842 ¥2,000  串田孫 一断想集★ 山をめぐって


串田孫一
大和書房/64年初版/函入/A6/243p/定価400
函汚れ少々痛みシミ、本文一部少々シミ焼け

人はなぜ山へ登るのだろう。なぜ好んで氷の岩尾根を登って 行こうとするのだろう/二月の山は初冬や春先とちがった容相を見せる。そこに吹きつけられる雪は/ある凹面谷の生活。私の夏の終わるまで、ここに天幕を はって毎日をこんな風に送った/高原は、太陽が遊び、その光がこまやかに散り込むように降りそそぐところだ/山にすんで、そこで花を咲かせたり、歌ったり するものに多くの知り合いができるのはうれしい/私は独りで薪を燃やしていた。太い山毛欅の薪で、燃えつけば容易なことでは消えない代りに。




 no.3522 ¥800  友へ贈 る山の詩集(現代教養文庫591)


編/串田孫一・鳥見 迅彦(カット/串田孫一 写真/三宅修)
社会思想社/68年4刷/文庫/278p/定価240
カバー微痛み汚れ焼け、天地小口&本文焼け

「ひとくちに山の詩といってもいろいろな詩がある。登山の 詩や岩のぼりの詩ばかりではなく、美しい山や大きな山に感動した詩もあれば、山恋いの思いをせつなく述べる詩もある。山と人生にたいする詩的な洞察や直観 もあるし、山の花や山の生きものに寄せるやさしい人間の歌もある。また登山の詩一つをとってみても、頂上の詩があり、峠の詩があり、谷の詩があり、山みち の詩があるといったぐあいにそれはさまざまである」(あとがきより)。




 no.3092 ¥1,500  野兎の 眼

串田孫一(著者装 幀)
青娥書房/72年2刷/四六判/237p/定価780
カバー少々痛み傷汚れ焼け、天地小口少々汚れ

「野兎の眼はたしかに赤くはない。子供と一緒に白い兎を一 年半ほど飼っていたことがあったが、毎日はこべなどをやる時に、ガラスのコップについだ葡萄酒を光にすかして見たような美しい赤い眼を見ていたので、それ も間違いの原因となったのかもしれない」(本文より)。




 no.2755 ¥2,500  ひとり 旅

  串田孫一(デザイ ン・挿絵/串田孫一)
日本交通公社/68年初版/四六判/294p/定価480
カバー少々痛み傷汚れシミ、折返し部分折れ
天地小口本文少々シミ汚れ焼け有

「七十三冊の、旅に携えたスケッチ・ブックの、あちらこち らを開きながら、そこに書きつけた短い覚え書きをもとに、取りとめもなく旅先の気持ちを綴って来たが、この画帳ももう当分用はなくなるので、棚の上へあげ てしまおう。新しい画帖を携えて、今までよりもっと気儘な旅に出よう。これとはちがった形の旅の本が出せるほどに私の旅の記録がたまるのは何年先か見当が つかない」(あとがきより)。




 no.3727 ¥1,000  アルプ  第三号


(版画/大谷一良)
創文社/58年5月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

淡彩 ルッチェルンの高原(真垣武勝)/山はふるさと(田部重治)/リル ケの墓(矢名原伊作)/詩 岩雲雀(尾崎喜八)/写真 安曇野の春(山北哲雄)/白馬岳の春(村井米子)/トレイルス・バス(竹節作太)/峠から峠へ(畦 地梅太郎)/花の山旅から(坂倉登喜子)/写真 冬の消える日(林真 澄)/山で会った蝶のこと(植草彦次郎)/岩小舎の記(山口耀久)/黄瀬川附近(河田驕j/山恋(青柳健)/写真 鳥甲山・赤ー/夢想の頂(三宅修)/氷点下三度の朝(串田孫一)




 no.3728 ¥1,000  アルプ  第四号


(装画/串田孫一)
創文社/58年6月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

素描淡彩 原野の桜(坂本直行)/六月の山と渓(冠松次郎)/詩 山稜の霧(田中清光)/峠から峠へ(畦 地梅太郎)/シェルパ(加藤喜一郎)/写真 六月の水辺(船越好文)/ 山のまつり(佐野勇一)/ミュゾットの館(矢名原伊作)/高原のひとり ごと(河田驕j/写真 八風平(横田佑介)/五月のフジヤマ(W・ウェストン)/登頂考現(沼井鉄太郎)/山恋(青柳健)/詩  渓谷(尾崎喜八)/写真 白砂川にて()/霞む山脈(三宅修)/カ タズミ岩KIII(串田孫一)




 no.3729 ¥1,000  アルプ  第六号


(装画/串田孫一)
創文社/58年8月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

油彩 甲斐駒遠望(耳野卯三郎)/僕のシッキムの地図(三田幸夫)/画文 初夏の南日高(坂本直行)/写真 高原盛夏(山北哲雄) /私の愛蔵本(小林義正)/山恋(青柳健)/写真 夕映え(小合正勝) /ガスの巻機行(渡辺公平)/ビニイルの蝉(河田驕j/画文 南伊予の山歩き(畦 地梅太郎)/写真 暮色(三宅修)/ダージリンの町角で(島田巽)/詩  聨作 「木曽の歌」から(尾崎喜八)/山鳩の歌(更科源蔵)/詩 試み(串田孫一)




 no.3730 ¥1,000  アルプ  第七号


(版画/大谷一良)
創文社/58年9月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

油彩 北穂嶽(足立源一郎)/折れた白樺(尾崎喜八)/シェルフ・アイスの上(木下是雄)/無形の導標(永島吉太郎)/写真 ジャンダルム(白川義員)/茅ガ岳 の秋(河田驕j/ワンダーフォーゲル(J・ロゲンドルフ) /北海道の画帖から(曾宮一念)/谷川岳の山麓で(小島六郎)/詩 "鏡の平"由来(鳥見迅彦)/写真 根子岳(月原俊二)/楤の木の芽(高橋達郎)/詩  露岩記号(串田孫一)/写真 屏風岩(川口邦雄)/画文 滑床渓谷(畦 地梅太郎)/霧と夢の峯(後藤董子)/きのこ奇談(石川欣一)




 no.3731 ¥1,000  アルプ  第八号


(装画/串田孫一)
創文社/58年10月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

油彩 山麓の秋(立花一花)/ガンジャ・ラ越え(深田久弥)/パタゴニアの鳥とランデブー(田中薫)/写真 ドルジェラクバ遠 望(風見武秀)/雨池(山口耀久)/画文 獣のあし音(畦 地梅太郎)/山と心(島崎敏樹)/写真 レディス・ピーク(風見武秀) /山に羽搏くもの(清棲幸保)/私の山(岡田喜秋)/写真 晩秋の浅間(横田佑介)/茅ガ岳の秋(河田驕j/雨の朝 日連峯日記(村井米子)/冠毛の飛ぶ日暮(串田孫一)




 no.3732 ¥1,000  アルプ  第九号


(版画/大谷一良)
創文社/58年11月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

版画 大正池(山口進)/哲学者と山(山崎正一)/山上の迷路(畦 地梅太郎)/ムズターグ(望月達夫)/写真 縦走路(船越好文)/銃声(石一郎)/富士山によせて(大谷東平)/夏の林と霧(田中清光)/写真 一の倉新雪(山北哲雄)/山に羽搏くもの(清棲幸保)/都会人の山(宮川俊彦)/写真 美ヶ原・初冬(内田耕作)/野呂川谷の樵夫達(野尻抱影)/詩 山頂のうた(喜多紀世雄)/山毛欅の肌(串田孫一)




 no.3733 ¥1,000  アルプ  第十号


(装画/串田孫一)
創文社/58年12月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

油彩 劔岳(藤江幾太郎)/詩 天山(草野心平)/山のクリスマス(北沢章平)/写真 朝の横岳(浅野孝一)/画文 スイス の旅日記より(真垣武勝)/氷河漂石(辻村太郎)/山に羽搏くもの(清 棲幸保)/写真 銀嶺を登る(三木慶介)/霜細道(結城信一)/画文  夜逃げする(畦 地梅太郎)/奥又白新雪(吉田二郎)/櫛形山とその附近(河田驕j/写真 新雪の八ガ岳(内田康男)/尾瀬の犬(川崎隆章)/老人(串田孫一)




 no.3734 ¥1,000  アルプ  第十一号


(版画/大谷一良)
創文社/59年1月/A5/80p/定価100
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

版画 雪渓にたつ(畦 地梅太郎)/狐(尾崎喜八)/詩 峠(田中清光)/穂高山冬季登山(朝 比奈菊雄)/写真 梓川(内田耕作)/モーソンを憶う (松方三郎)/画文 少年の日の歌(中村朋弘)/冬の生活(猪谷六合雄)/写真 雪庇とシュカブラ(三木慶介)/アルプスとワーズワス(島田謹二)/画文  白馬大雪渓(畦 地梅太郎)/写真 アルピニズムへの讃歌(川口邦雄)/櫛形山(河田驕j写真 八甲田(白川義員)/峠への想い(山北哲雄)/画文 ある山の男の記憶(辻まこと)/ただ 穂高だけ(井上靖)/山の裏にて(串田孫一)




 no.3735 ¥1,000  アルプ  第十二号


(装画/串田孫一)
創文社/59年2月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け、奥付蔵書シール有

油彩 蔵王の樹氷(三輪孝)/雨の終曲(串田孫一)/ななかまど(佐野勇一)/軽井沢から鬼押出(内田友子)/写真 トマの耳(中野慶一)/雪幻(河田)/スイスの 旅日記より(真垣武勝)/雪に関するうわごと(黒田正夫)/写真 雪の 蔵王(南部英夫)/蛇尾谷物語(沼井鉄太郎)/写真 暮れゆく岳(山北哲雄)/雪渓はくたびれる畦 地梅太郎)/穂高山冬季登山(朝比奈菊雄)/絵葉書(大谷一良)/雪(石川欣一)




 no.3690 ¥1,000  アルプ  第十四号

(装画/串田孫一)
創文社/59年4月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け

淡彩 スイスの春の山/画文 ベトイユの丘(真垣武勝)/翌日の夕暮(串田孫一)/マナスル山麓の人々(竹節作太)/山のドン・キホーテ/写真 山麓の歌(今井雄二)/穂高 山冬期登山(朝比奈菊雄)/写真 春山にて(内田亮)/毛無と大沢(一ノ瀬敏雄)/高原の黙想(大瀧重直)/春の鳥甲山(川崎精雄)/写真 春と遊ぶ子等 (三宅修)/画文 祖母谷温泉(畦地梅太郎)/広尾又吉の死(坂本直行)。




 no.3692 ¥1,000  アルプ  第十七号


(版画/大谷一良)
創文社/59年7月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け

淡彩 雨脚(串田孫一)/落葉松峠(山口耀久)/画文 池の平小屋へ(畦 地梅太郎)/單独行者(宮川俊彦)/写真 偵察/吾が北尾根(川口邦 雄)/画文 絵はがき(大谷一良)/峠物語(田中清光)/写真 赤沼にて(三浦敬三)/南部から津軽へ(清水国安)/画文 高原点描(真垣武勝)/ある廃 村の話(望月達夫)/詩 到着(鳥見迅彦)/屋久杉の島山を訪ねて(村井栄子)/写真 チシマギキョウ(内田耕作)/山と心(島崎敏樹)/孤独なる日に (高橋達郎)。




 no.3693 ¥1,000  アルプ  第十九号


(版画/大谷一良)
創文社/59年9月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け

版画 晩秋(中尾義隆)/高原の秋(今井雄二)/思い起す 秋の山旅(田部重治)/写真 小槍(三木慶介)/清里風物誌(岡田嘉秋)/鳥海山の熊たち(大瀧重直)/写真 秋の穂高(野口淳)/画文 空腹の立山(畦地梅太郎)/地図(渡辺兵力)/写真 秋の沽沢(内田耕作)/マッターホルン風雪(北沢章平)/或る山行(山口耀久)/山の博物誌1(串田孫一)




 no.3694 ¥1,000  アルプ  第二十号


(装画/串田孫一)
創文社/59年10月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け

油彩 根子岳と阿蘇山(田崎広助)/山国の雲(野尻抱影) /マウント・オフィアの想い出(三田幸夫)/写真 枯れた木(内田耕作)/画文 ブレ山の朝と午後(真 垣武勝)/詩 秋の山家にて(田中冬二)/木曾路の秋(渡辺公平)/シャモニの茸(川森左智子)/写真 御嶽にて(三宅修)/立科山の一日(河田驕j/鳥海山の熊たち(大滝重直)/原生林の旅程/写真 深い谷(川口邦雄)/画文 五所ガ原へ(畦地梅太郎) /山の博物誌2(串田孫一)。




 no.3695 ¥1,000  アルプ  第二十一号


(版画/大谷一良)
創文社/59年11月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け

油彩 日光白根山(倉員辰雄)/太鼓と三角点(今井雄二) /詩 風の中でのみじかい対話(岸田衿子)/秋(朝比奈菊雄)/写真 穂高への道(山北哲雄)/画文 スゴの小屋(畦地梅太郎)/赤い岩壁とツキヨタケの光(八木健三)/写真・文 山の雪(中村星湖)/鷲の印象(中西悟堂) /詩 山の画家(田中清光)/十石峠(望月達夫)/写真 秋ー穂高ー(多川精一)/画文 スエズ湾の山(真 垣武勝)/新雪のころ(三宅修)/山の博物誌3(串田孫一)




 no.3696 ¥1,000  アルプ  第二十四号


(装画/串田孫一)
創文社/60年2月/A5/68p/定価80
表紙少々痛み汚れ焼け傷、背汚れ焼け

版画 山の若者/画文 冬の八ガ岳(畦地梅太郎)/雪くらべ(木下是雄)/のどかな冬山(河田驕j/画文 フロレンスの山(真 垣武勝)/写真 朝の樹氷帯(笹森秀雄)/欄外小品(尾崎喜八)/画文  雪の山へ(中村朋弘)/写真 国境山稜(川口邦雄)/私は面喰った(小島六郎)/霧ガ峰ノートより(内田友子)/秋(朝比奈菊雄)写真・文 白い道(三宅修)/風の中の亡霊(串田孫一)。




 no.3597 ¥1,500  詩人の 積木箱1.アメリカについて

長田弘(装幀/石岡 瑛子)
大和書房/74年初版/四六判/184p/定価980
カバー少々痛み傷汚れ、天地小口少々シミ汚れ焼け

北アメリカの小さな町から/アメリカの影/アメリカの矩形 の夢/ブルース・オン・ブルース/他者にかかわることの困難さ。




 no.3502 ¥1,500  私の猫 ものがたり


(写真/一色一成  装画・装丁/三村淳)
集英社/83年1刷/1帯付/四六判/270p/定価880
カバー少々汚れ痛み、帯焼け

水森亜土/犬養智子/白石冬美/壇ふみ/熊井明子/長嶺ヤ ス子/谷山浩子/荒木一郎/所ジョージ/羽仁未央/長田弘/南伸坊/赤塚不二夫/伊藤比呂美/小沢昭一/原田治/岸田衿子/タモリ/etc。再入荷。



SOLD!
 no.2997 ¥1,300  愛 猫記(ユーモアエッセイ集)


吉行淳之介 伊丹十 三他(装幀/山藤章二)
番町書房/77年7版/B6/252p/定価680
カバー痛み汚擦れ傷れ、天地小口少々シミ汚れ

有馬頼義/伊丹十三/永六輔/長田弘/長部日出雄/開高健 /神吉拓 郎/後藤明生/小松左京/坂西志保/鈴木義治/長谷川四郎/古山高麗雄/室生朝子/吉行淳之介/吉行理恵/和田芳恵/開高健×中村紘子×小松左京。ユーモ ア猫エッセイアンソロジー。再入荷。




 no.1969 ¥800  猫文学 大全

訳・編/柳瀬尚紀
河出文庫/90年初版/文庫/258p/定価580

ハックスレー、トゥェイン、サキ、ギャリコ、サルトル等の 猫に関する文学や詩16篇+ピカソ、シャガール、クレー、ルッソー等の猫名画=猫文学の豪華アンソロジー。再入荷。




 no.3417 ¥1,300  ニャン ニャンミャオミャオ


文/諏訪優 写真/ 西川治(イラスト/沢田重隆)
サンリオ/78年初版/B6/139p/定価920
カバー微痛み擦れ傷汚れ、コーティングに皺

「わたしたちの よき隣人であるネコたち そのネコたちも  わたしたち人間同様 さまざまな環境にいます。彼らの中で いわゆる野良ネコと言われるネコたちこそ ネコの中のネコたちだと いつもわたしは思うので す。たくましい生活力 自然の中に生きて いるがゆえの美しさ そして 人間との 親しみ とりわけ子供たちとの友情は ほほえましいばかりです」(本文 より)。




 no.2159 ¥1,500  たかが 猫だというけれど

諏訪優
白川書院/77年初版/B6/139p/定価920
カバー微痛み擦れ傷汚れ、見返しに蔵書印日付け書込み有

「あすはいい日かな 三毛のラッキーよ おまえのすきなユ カちゃんが 鯵をおみやげにやってくるかな 深夜 積み重ねた本の上で 哲学する猫 きみは たかが猫だ というけれど」(本文「猫に代って」より)。 ビート詩人による猫小文集。 




 no.2766 ¥1,500  土屋耕一のガラクタ箱


土屋耕一(装幀・写 真・構成/ 浅葉克己)
誠文堂新光社/75年初版/函入/A5/251p/定価1,800
箱痛み汚れシミ傷テープ跡、カバー少々痛み有

地口いろはたとえ/伊呂波文字鎖(いろはしりとり)/アル ファベット見立て/魅力男のへのこ遠くより見/1から12まで、12ヶ月/広告のなかの女/富士の見える試着室/胡麻塩入れの袋/走るな、笑うな、手をふ るな/ルポルタージュ・日宣美の審査/言葉とコピーライター/etc。



SOLD!
 no.3793 ¥1,500  チャコの童話集 おしゃべりな花


白石冬美(装幀・イラストレーション/灘本唯人
山梨シルクセンター/73年初版/150×180/111p/定価500
カバー微汚れ痛み傷

ガラスの手紙/おしゃべりな花/虹いろトンボ/真夜中の電 話ボックス/ひとりぐらしの時計/青い瞳のウサギ/ドロンドロンのお化け/キューピットはピエロ/空とぶ金魚/くすぐったがりやの消しゴム/しっぽのくに のシッポナ/星空のラーメン屋/夢み童子とあまんじゃく。




 no.3764 ¥1,500  ほんとうの空色(サンリオギフト文庫)

文/バラージュ・ ベーラ 訳/北村順治  絵/大橋歩
(装幀/国東輝幸)
サンリオ/76年初版/文庫/125p/定価450
カバー少々汚れ痛み、天汚れシミ

「哲学博士でもある、このバラージュが、子どもを愛するの も、また、革命に参加し、失敗して亡命するのも、国を愛する激しい血がそうさせたものです。また、その童話作品も『映画の理論』をはじめとする理論ろ実作 から『現実的人間』という著作もあることを加えて、極めてイメージが浮かび易い、子どもの心理をよく写しているのも、単なる映画の理論だけではない、実際 の世界をよく映し、再構成させる力のあった人だということえお判っていただくと大変嬉しいことです」(訳者あとがきより)。




 no.3715 ¥2,000  愛 限 りなく


御木白日(装幀・挿 画/宇 野亜喜良)
山梨シルクセンター/69年初版/155×170/119p/定価390
カバー少々痛み汚れ焼け、本文一部シミ、天地小口汚れ焼け

「幼女と大人の接点が、何かボク達の心の奥をくすぐってく れる。作曲したくなる詩だ。皆なでうたいたくなる詩だ」(いずみたく)。いまもふたりは/小さな秘密/時よ 私は惜しまない/パリはふかくあまく/ひとり の東京/旅に出ることは。著者は「芸術生活」編集長。




 no.2476 ¥1,500  つかのまの久美子

秋吉久美子
青春出版社/77年1刷/帯付/B6/174p/定価890
カバー微痛み汚れ、帯少々汚れ擦れ有

「わたしの名前は"若さ"です 気分のすぐれないのを喜ぶ  皮肉なうらぶれたセンチメンタリズムです」。と始まる秋吉久美子・21才のポエムグラフィーというのかフォトモノローグとでもいうのか…。再入荷。



 no.2007 ¥1,500  愛の絵 本 ある朝、突然に。

落合恵子
学習研究社/78年初版/ビニカバ帯付/B6/51p/定価750
ビニカバ汚れ破れ、帯焼け有

落合恵子×灘本唯人/林静一/原田治/山口マサル/郡慧子 /小島武/早川良雄によるLOVE IS…、LOVE SEASON、TWELVE-LOVE STORYと題された愛の詩集。巻末に切取って使える12ヶ月分のグリーティングカード付。



 no.3066 ¥1,500  ひとり ぼっちの思春期(のびのび人生論27)

萩原葉子(装丁・挿 画/田村セツコ)
ポプラ社/85年1刷/帯付/四六判/198p/定価900

両親がそろった日々ー短い幸福/夜の足音、妹の発病/人力 車の別れ/ひとりのひな祭り/いじめっこ/登校拒否/ふたたび上京/世田谷代田の家/卒業と女学校に受かった時/女学生になって/下駄箱にラブレター/文 学へのめざめ/父の死。




 no.2443 ¥1,000  谷内六 郎展覧会〈冬・新年〉

谷内六郎
新潮文庫/82年初版/文庫/222p/定価480
カバー微痛み汚れ極薄く値札跡有

「週刊新潮」表紙絵に表紙の言葉をそえた文庫版画文集、 12月、1月、2月分からセレクトされた冬編95点。解説:大江健三郎。再入荷。



 no.2326 ¥2,000  オヨヨ 城の秘密

小林信彦(イラスト レーション/小林泰彦)
晶文社/74年初版/四六版/258p/定価850
カバー一部傷、見返しに蔵書印有

「オヨヨ島の冒険」「怪人オヨヨ大統領」に続くスラップ・ スティック・ジュブナイル・コメディ、大沢ルミシリーズの完結編。麻薬組織オヨヨ・コネクションを巡りアムステルダム、パリ、そしてカリフォルニアへ。



 no.3200 ¥1,500  オヨヨ 島の冒険

  小林信彦(イラスト レーション/小林泰彦・峰岸達)
晶文社/72年4版/四六版/371p/定価800
カバー痛み汚れ少々シミ、天地小口シミ汚れ、本文少々焼け

「『子供向きのジェームス・ボンド物語みたいな童話の本が 創れるといいんだけどなあ』と急に、言い出しました。私の家も、弟の家も、そろそろ子供が小学校にあがるころで、漫画本から童話にきりかえさせなければな らないのですが、いざとなると、適当な本が、なかなかないのです。子供をテレビのまえから引きはなすには、りくつ抜きで、面白いオハナシがなければムリ だ、と私はいつも考えていたのですが、まさか、自分で書こうなどとはユメにも考えていなかったので、弟の言葉には、盲点をつかれた思いでした」(あとがき より)。




 no.3617 ¥800  こぎつねコンチとおかあさん 読んで聞かせるお話・21編

中川李枝子(カ バー・さし絵/中川宗弥)
角川文庫/77年初版/文庫/261p/定価260
カバー少々痛み汚れ、天地小口&本文焼け

「何しろ子ども達は揃いも揃って遊びの名人、みずみずしい 感覚を持ち、想像力と創造力にかけては私より数段まさるのだ。そういう彼等を如何なる方法で満足させるか、保育園での日々は私と子どもとの真剣な腕くらべ 知恵くらべであった。そしてそのことが、知らぬ間にこの上なく厳しくも楽しい文學修業になっていた」(あとがきより)。




 no.2535 ¥2,500  こども 音楽館4 はくちょうのみずうみ
文/岸田衿子 絵/ 初山滋
学習研究社/69年初版/函入/262×255/定価1500
全体的に少々痛み汚れ、レコード痛み
レコード2枚中1枚(はくちょうのみずうみ)中身違い。

「各画中に、小人の楽人をちらした。チャイコフスキーの名 曲のむこうを張るつもりはない。絵のなかに、視覚で音をーそんな試みとしてあしらってみたまで」(初山滋のことばより)。※レコード2枚中1枚は別の巻 「どうぶつのカーニバル」のお話レコードが間違って入っています。




 no.3362 ¥2,000  うたう よ、クマのプーさんが



詩/A・A・ミルン  絵/飯野和好 訳/諏訪優・望月典子
サンリオ/76年初版/
150×180/78p/定価 680
表紙痛み少々汚れ傷

「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」から詩の部分を 取り出し、その詩をプーさんがどんな気持ちやキッカケからうたったかについての、ミルンのかんたんな文章をそれぞれの詩につけて一九二九に出版された "The Hums of Pooh」の全訳。




 no.2736 ¥1,200  The Adventures of Baron Munchhausen
 ほら男爵の冒険(ジュニアジャンプリズム英会話3)


  編/ビュルガー 脚 色/北川幸比古  絵/原田治
TBSブリタニカ/78年初版/A4/39p/定価不明
表紙少々汚れ痛み、中一部シミ有、カセット欠

原田治の絵で英語を学びながら読み返す「ほらふき男爵の冒 険」。




 no.3270 ¥2,500  ポケッ トのなかのチャペック


千野栄一(ブックデ ザイン/平野甲賀)
晶文社
/75年初版/155×195/253p/定価1,900
表紙微痛み汚れ傷

チャペックの世界/ポケットのなかのチャペック/園芸余話 /カレル・チャペックについて。「なんとはなしに未知のところのあるチャペックに光をあて、未紹介の作品について解説し、チャペック作品の問題点を指摘 し、できうればチャペックの人と作品の秘密を探りだそうというのがこの本の目的である」(まえがきより)。




 no.3492 ¥2,500  イメー ジの冒険2 絵本 不思議の国の一覧


編集/カマル社(表 紙・目次デザイン/スタジオ・タム)
河出書房新社/82年4刷/220×275/138p/定価1,500
カバー少々汚れ痛み

絵本のさまざまな試み(福田繁雄)/絵本ってなんだ 座談 会(谷川俊太郎×和田誠×長新太)/北斎漫画について(澁澤龍彦)/ノンセンス・ミクロコスモス(高橋康也)/ページをめぐるゲーム(板根巌夫)/反絵本 待望論(矢川澄子)/絵本・靴図鑑(寺山修司)/市民がいない国の絵本(小野耕世)etc。再入荷。





 no.2506 ¥2,500  たんけ ん ごっこ

文/竹田裕子 絵/ ルドルフ・ルケシユ
岩崎書店/76年初版/ビニカバ付/200×260/30p/定価580
ビニカバ汚れ痛み、表紙コーティング痛み有

「ボールさんどこへいったの」をヨゼフ・パレチェックと手 がけた著者が、同じくチェコのルドルフ・ルケシュという画家と手がけた1冊。探検ごっこが大好きなふたごの兄弟、ピーターとポールのお話。



 no.744 ¥1,000  きみは 猫である

マグダ・レーヤ(訳 /米川和夫・左京久代 絵/和田誠)
晶文社/78年9刷/ビニカバ帯付/B6/28p/定価880
表紙裏少々痛み有

「ぼくはワルシャワに住む小学一年坊主。アパートに突然あ らわれたきみは、ある晩子猫を四匹いっぺんに産んじゃった。さぁ大変…」うちのネコこそがネコのなかのネコなんだと信じて疑わない人たちのためのお話。




 no.740 ¥1,000  王様は ロックンローラー

フォルカー・クリー ゲル
(訳/恭子&ヴォルフガング・シュレヒト)
ブロンズ新社/88年4刷/A5/93p/定価980
カバー天地縁部分微痛み

王様はロック大好きでマッカートニーばりの美声の持ち主。 しかしリズム音痴でどうしてもサティスファクションがうまくいかない… (作者はジャズギタリストでイラストレーター。)再入荷。




 no.1193 ¥1,200  えほん  セサミストリート(上巻)

編/チルドレンズ  テレビジョン ネットワーク
日本放送出版協会/74年1刷/B5/64p/定価1,200
カバー少々痛み汚れ、背焼け、本体表紙痛み傷有

セサミストリートで学ぶ国語算数理科社会。



 no.1952 ¥3,000  クリス マスのうた(オックスフォードえほんシリーズ23)

絵/ブライアン・ワ イルドスミス
らくだ出版/76年1刷/220×285/ビニカバ付
カバー、本体中少々シミ汚れ有

イギリスで最も子供たちに親しまれているわらべうたのひと つ「クリスマスの12日」のワイルド・スミス・バージョン




 no.2621 ¥800  新編世 界むかし話集1 イギリス編



編著/山室静(装 幀・本文カット /灘本唯人)
教養文庫/76年初版/文庫/338p/定価360
表紙少々汚れ微痛み、中少々焼け有

イングランドから14編、コーンウォールから5編、スコッ トランドから7編、ウェールズから4編、アイルランドから11編からなるむかし話集のイギリス編。




 no.3232 ¥1,500  ムーミ ンパパの思い出(トーベ=ヤンソン全集2)


トーベ=ヤンソン
(訳/小野寺百合子 装本・レイアウト/辻村益朗)
講談社/70年3刷/函入/A5/278p/定価680
函痛み傷少々汚れ、見返し記名有

「この本では、ムーミンパパが、すて子だった時代から、い ろいろの苦労をしたり、おそろしい冒険にあったり、ひとりでなやんだりしながら、とうとうムーミンママにめぐりあうところまでを書いています。おもしろい のは、そのお話をムーミンパパが自分で書きつづって、それを家族のみんなに読んできかせていることです」(訳者解説より)。




 no.3317 ¥1,300  ムーミ ン谷の夏まつり(トーベ=ヤンソン全集3)


トーベ=ヤンソン(訳/下村隆一 装本・レイアウト/辻村益朗)
講談社/70年4刷/函入/A5/238p/定価680
函痛み傷汚れ焼け微破れ、見返し記名有

「ムーミン谷に大水がおしよせてきて、ムーミン一家や動物 たちは流され、やはり流されてきた劇場にうつります。ここに住んでいるうちに、みんなですばらしい劇をはじめます」(巻末解説より)。友人の舞台監督の女 性に捧げられた一冊。




 no.3211 ¥1,300  ムーミ ン谷の冬(トーベ=ヤンソン全集4)


トーベ=ヤンソン(訳/山室静 装本・レイアウト/辻村益朗)
講談社/81年5刷/函入/A5/214p/定価1,400
函痛み傷少々汚れ、本文焼け

「ムーミンたちは、冬のあいだは眠ってすごすことになって います。いわゆる冬眠です。ですから主人公のムーミントロールも、パパやママといっしょに、松葉をどっさりおなかにつめこんでから、ストーブにたっぷり火 をたいて、冬眠にはいったのです。ところが、どうしたわけか、その年の冬は、まだ春がこないうちに、ふと眠りからさめたまま、それきり眠れなくなってしま います」(訳者あとがきより)。


注文メールはbooby-bookstall@nifty.comまで

<<vol.5 vol.7>>